アラフォーがリアルで言えないハマリ事を語るブログ

アラフォー主婦がリアルで語れない事を書くブログです。とっちらかってます。

ドラマ:隣の家族は青く見える:現代の家族問題展示会

深キョンかわいいね!

ってのっけからなんでしょうね、私(笑)

今まで「深田恭子」という存在については可愛いも可愛くないもないただの女優さんとしてしか見てませんでしたが(=関心がなかった)、今回のドラマは彼女の可愛さが私でもわかるくらい出てます。うん、可愛いぞ。

いやいや、それはさておき、なぜ私がこのドラマを見始めたか、は、もちろん深キョン目当てじゃありませんです、はい。それは渉と朔の「ゲイカップル」がどうなのか気になったのです。むしろ見始めるまでこの2人がメインだと思って疑ってませんでした(爆)

ドラマの内容はコーポラティブハウスという共有スペースが中心にある4つの住宅に住む4世帯が、人に言えない個々様々な問題を抱えながら葛藤・成長していく話、だそうです。

まずは不妊治療を始めた夫婦(深キョンと松山ケンイチ)、そして子供を作らない前提で結婚を控えたバツイチ+初婚カップル、それから渉×朔のゲイカップル(渉の一人暮らしのとこへ朔が転がり込んできた)、最後に子供2人いるごく一般的な家族という4世帯がでてきます。

BLを愛読してるとはいえ、リアルで周りにゲイカップルがいる(いた)とはいえ、生身のキスシーンなんて見たことないですからね。それを10時枠ドラマとはいえ第1話目からやっちゃってたのにビックリw

で、1話目だから役者さんも頑張りすぎたのか、朔の上目遣い連発があざとすぎて、これはしくじったか?と思ったところの2話目で朔ちゃんの株は急上昇です。
ちゃんと相手のことも自分の立場も考えてるあざと可愛いさは好きだ〜!と同時に深キョン株も急上昇(笑)
なんかねー、あんなキスシーン目の当たりにしたらそりゃ挙動不審になるよね。で、ちゃんと朔ちゃんと仲良くなって、それを見た自分のダンナ(朔がゲイとは知らない)が嫉妬してあまり近づくなとか言われたらニヤニヤしちゃうよねー。うんうん。
もうこの回で朔ちゃんと深キョン大好きになった!

渉サンのやるせなさ、ゲイを隠してる辛さ、でもだからこそ世間と関わらないと、ともがく気持ちも4話で痛いほど伝わってきて、それまで穏便にひた隠しに隠してる渉サンをなんだかな、と見てたんですが、ちょっと見直しました。
嬉しくて渉サンに飛びつく朔ちゃん、凹んでベッドに横になってる朔ちゃんを背後から抱きしめる渉サン、何気ない二人のラブラブ具合にもうニヨニヨしっぱなしw
とても丁寧に描かれています。これからのこの2人がとても楽しみです。

 

子いらず宣言の婚約カップル、この人たちはそこはかとなく旧トレンディードラマ臭(笑)があって入り込めなかったんですが、ここにきてなかなかいい展開を見せてます。
ってここでも深キョンいい合いの手入れてます。

 

却って世間一般的には「幸せな家庭」の典型な4人家族のお宅、の見栄っ張り奥さん、とっても一般的にこんな主婦いるいる、なんですが、『常識』に凝り固まって、そこに当てはまらないものは夫であろうと隠蔽・除外しようとするその姿は庭を共有してる4家族の中で最も滑稽に見えちゃう。でももしかしたらここまでさらけ出してるのは今時絶滅危惧種なのかもしれません(ドラマ仕様?)。実際はこの世間の風潮に表向きはうまく同調してるけど裏(本音)はこんな人、てのが多いのかもしれません。

同じ子を持つ主婦としては、もしかしたら「ごく普通・皆と同じ」を守るあまり、マイノリティに敏感に反応しすぎるようになったのかな、なんて同情心もなきにしもあらずですが、やはりリアルにいたら自分とは相容れないだろうな。むしろダンスがしたいけど怖くて言い出せない長女ちゃん、家庭を大切にしたいのにないがしろにされるダンナさんに同情しちゃう。石頭母さんの一存で誕生日会できなかったのに文句一つ言わない次女ちゃん、健気すぎておばちゃん涙ちょちょぎれちゃうわ。

 

ま、4話まで観てゲイカップルがメインじゃないのはよくわかりました(笑)

でも私はこの2人を心のメインに最後まで観てみようと思います。

 

最後に松山ケンイチ演ずるダンナ、あの「いるよねーこんなダンナ」的な言動から一転、さりげに妻をフォローしたり、妹との何気ないやりとりで重要なことに気づいて実行したり、できたダンナ様すぎてギャップ&リアリティが…(苦笑)

ねほりんぱほりん「腐女子回」観てみました。

リアルタイムで観るのは気が引けたので(笑)、さくっと録ってさくっと観てみました。
この番組好きでたまに観てるので、怪しまれないでしょう(と思いたい)。

 

普段こんな人たちのお話なんて聞けないですからね。ドキドキワクワクです。
観終わって一言。

 

「想像以上にディープな世界」

 

なんですね(今更w)

 

新しいボキャも増えました。え、もしかして私って「貴腐人」なの?!
もう女子と称するのはおこがましいのか(キフジンと名乗ることすらおこがましい?)。

さらに本当に『腐』と称してもいいのかという根本的な部分も揺るがされました。
BL好きが「腐」だという認識でいいんですよね?
番組を観ていくうちに「腐」レベルがブルーチーズ級やカマンベール級の方々を目の当たりにすると、私ってばプロセスチーズにもなれてないんじゃないか?とか思ってしまいまして。

むしろただのBL好きのオバサンじゃね?って。

ま、プラトニックなお話だけでなく極エロ話もげへげへ言いながら読んでるので(むしろプラトニックのしょーもない話は時間を返せと思う)、その辺りしっかり「腐」かな?

(あ、エロ描写がどーしようもない話も時間を返せと思う)


まぁね、BLの世界観は人それぞれなので、この番組にでてくる「腐」な方々のコメントも「うんうん、わかるわかる」な部分ありの「(考えた事)ないわー」な部分もありので楽しかったです。でも自分の隠したい部分をさらけ出された感じも否めず、終始落ち着かず、むず痒く感じました。

ツボったのは代表(?)として差し出された3冊のBL本、パッと見で全部わかっちゃってもう悶絶してしまいました。あと、ヴィトンのバックの中身…!!

あのタイトル、あの表紙…、やっぱり美術さん読んだのでしょうね。大好きな作品も入ってたので余計むず痒くなっちゃいました。

そしてYouさんがあのメガネの話読んだのか…。それはちょっと嬉しいw

もう本当に小さな小道具だとしてもタイトルや作家名まで作りこんでてさすがです。

あと、要所要所に掛かるBGMの選曲も秀逸ですね。よく見つけてくるなwww

 

あと電車の件には驚愕www

ならばむしろ「阪急梅田駅」の方がよりリアr…ゲフンゲフン

 

 

うん、いろんな人がいていろんな「腐」があるのだな、ということで、
私はここで細々とBLレビューブログを続けるだけにしておきます。

山田くんと田中課長:愛でよ!小さいもの好き達よ!

夏水りつ先生が六年間描き溜めたという「山たな」が一冊の本になりました。
ってもう3年も前のことですね(苦笑)

いやはや歴代の夏水作品の受け様の目の上の幅広さ、いや、まつげの豊富さにまつげの量フェチ(といっても過言ではない)の私はぐっとくるものがあるのですが、今回は田中課長がいい感じ。しかしエロ0です(チラリズムで可愛くギクシャクはありますが・笑)。

ラブもほのかに香りますが、例えるなら某滋養強壮ドリンクを飲んで運転中、飲酒運転検査に引っかかってしまいびっくりする程度。

もうBLにカテゴライズしなくてもいいと思います。初心者も安心して笑えます。

とにかくみんなの愛され課長が可愛いのです♪ミニ課長を愛でる1Pコメディ集です。

 

お話の内容はある朝会社で新聞見ながら目を閉じた田中課長、目を開けたら体がリカちゃんサイズになっていた…!一応部長が山田くんをお世話係に任命したものの、どうする?田中課長!?てな感じです。

山田くんはクールで一見何事にも興味なさげなんですが、いいポイントをついたお世話係。田中課長を陰で、いやむしろ全面的に支え守ります。そんな山田くんをやっかむ(単に課長のお世話をしたい)課のメンバーもかわいい人だらけでほっこりします。確かにこんなミニチュアな人がいたらいろいろやってみたいですよね(笑)

私はクラッカーを引く課長のエピが好きw 

交渉に連れて行くあざとい鈴木主任も大好きww

 

もうこのメンバーでずっとわちゃわちゃしていただきたい。

 

同じ手のもので「ヴァンパイヤ課長」も好きです。

夏水先生のほんわかコメディ好きだわ〜。

 

STARシリーズ:なんてったってアイドルの世界!

扇ゆずは先生の「STARシリーズ」!

STAR☆RIGHT、STAR☆KNIGHTそしてSTAR☆Flightで完結?
いや、まだ続くそうですが、一旦他の方に行ってますね。

マリキョーのイチャラブアイドルの生活。あぁ、この方の描くアイドルってほんっとキラッキラにアイドルしてますよねー。良くも悪くもアイドル!です。

 

内容は(シリーズ最初から)、北関東の片田舎のコンビニでたむろしてた恭平を敏腕アイドルマネジャーの千葉ちゃんが拾ったことから始まります。全てを捨てて上京させ、事務所の借り上げアパートに住まわせ、万里とヨウセイ君と3人でMAXIMEというアイドルとしてデビューさせます。で、ゲーノー界のイロイロを万里が教育係として手取り足取り○取り…最初は反発してた恭平だけど、さすがアイドル10年選手の万里の前では赤子同然(?)、オトされます。200人斬りのマリも無垢な天然アイドルの恭平の笑顔にKO。あとはもー好き勝手やっちゃってくださいな2人の世界が広がります。

 

このお話、内容も存在もアイドルなんですよね〜。なんというか、恭平の存在同様「何が秀でてるではなくて、そこにいるだけで人を明るくさせる」作品なんだと思います。ガリ細マッチョなとこも、ちょっと面長なとこも、色々たまにホニャララなとこも全てひっくるめて強引にアリとする、有無をも言わせず読者に夢だけを見せてくれるアイドルオーラ全開のシリーズ。

 

時代は今なんだけど、アイドル全盛期な雰囲気なんですよ。この雰囲気、アラフォーには懐かしく、そしてアイドルはやっぱりこーでなくっちゃ、と再認識させてくれる安心感(?)があります。千葉ちゃんの禁止令とか恭平のかーちゃんとかゲーノー界漫画にあるあるなネタもこの2人の前では起爆剤にしかなりません。安定して読めるのもGOOD。

そんな夢を見せるアイドル2人が夜もバッチリ組んず解れつやってるのでもー宜しいですわよ。お色気ムンムン、そんな2人と並んで立たないといけないヨウセイ君のいたたまれなさが分かる気がする(笑)

この人たちアイドルになるべくしてなった、というかこれしか選択肢なかったんじゃない?的な人々だらけなので暗闇でも読めるのでは?ってくらい絵が輝いてます。

マネジャーの千葉ちゃんがジュリアとダブってるのかな?またジュリアシリーズも読み返そう。こちらもギラッギラしてますよね。とはいえジュリアだけがギラギラしてる印象なのでまだマシですが、こちら、STARシリーズはさすがにSTARだらけなんでね、もういろんなとこでハレーション起こしまくってキラキラペカペカしてます(何度も言う・笑)

 

私としてはヨウセイ君推しなんすけどね。はぁ〜ハレーションで残像がまぶたの裏に焼きついた目の保養所とでも申しましょうか、なのでもうちょっと出てほしいっ。しかしヨウセイ君はきっと巨乳のオンナノコ好きだと思うのでBLの主役にはなりえないなぁ。

このシリーズ続くのかな?続いてほしいな。

 

酷くしないで7巻:彰さんなしでは語れない7巻

言わずと知れた、ねこ田米蔵先生の「酷くしないで」、7巻出ましたねー!

雑誌の方でマヤ父の不穏な出方にドキドキしちゃいましたが、その後諸事情で雑誌を追わなくなったので気になりつつもコミックの出版を待ってた訳です。そして7巻を手に入れた今、マヤ父編の全貌(?)が明らかに!なんて思いながら読んでいって読了後、当初の予想を裏切ってもう彰さんしか印象に残らなかったんですがね。

 

6巻の最後でマヤ父に寝込みを襲われた(!?)二人(笑)、まぁそうなるよね、な展開で話し合いをした結果、温厚そうだったマヤ父に家を追い出されたマヤ。色々あって直也さんのお家に間借りすることになりました。で、マヤ父がネムに接触してみたり、久々のHもあったりしたんですが、その後マヤがあそこ行っちゃった〜!?ネム起きたらどうなる!?てな展開で待て8巻!です。

 

もうね、長らくお預けを食らってたメインカポーのお二人のイチャラブももちろん良かったですよ?描き下ろしも堪能致しましたよ?しかしですね、今回はどー思い返しても彰さんの直也さんへの「ご褒美」とそれによる自身への副作用(笑)でうっはっはー♪なのです☆

なかなか素直になれない彰さんが自身を上手く誘導した結果ですねー。あの最初の頃の淑女な彰さんも良かったけれど、これはこれで…。そりゃさすがの直也さんもぐらっときますわ。策士も失言しちゃいますわ。いやはや眼福でした。

その後もマヤ父を見送った彰さんがマヤ父との会話でちょっとどころか結構将来について絶望してるみたいなんですが、その後直也さんへ会いに行ったとこの表情がまた艶っぽい。なにあの絶望感出した色っぽさ。まだ20代前半の筈なのに既に熟れに熟れた熟女な感じがしますよー。

 

それとそれと、マヤがもうボタンを外すネムを待てなくて思わずズボン引っぺがしちゃう場面、あのネム尻イイ!

引っ張られて股の部分が見えてるパンツってBLにありそうでなかったシーンじゃないですか?お尻の描写がハンパない。ねこ田先生って的確な描写でありそうでなかった変則アングルを攻めてきますよね。

そしてネムが自分で…、自分でぇぇ〜〜〜入れちゃう☆
あぁ、これもビッチ受けが攻めにまたがって襲うシーンでしかみませんよー。そんなスゴ技をネムが見せちゃうなんて!!(跨ってませんが、そこがまた…ククク)描き下ろしでもすごい事言ってましたね、この人。にもかかわらず安定の天然君なのがネムですね。マヤとの電話でのやりとり、ネムらしい(爆)
そんな天然すぎるネムの発言にゲイ歴長いけどいまだピュアな沖野くんはいつも翻弄される訳ですが(笑)

あと、彰さん尻(腰か?)も素敵でした☆この方の描く裸体ホントにいいです。

NGアングルなさそう。

 

それとマヤ父、これもBLではあまり見かけないタイプだなぁ、とマヤ父編1回目を読んで思いました。真っ向からダメだ!で後で理解者になるタイプではなく、驚いたけどそれでも2人が幸せならいいかという妥協タイプでもなく、理解してると思わせておいて実は全くしていないタイプですね、この人。すっごいタチ悪そう。彰さんにもあれは牽制じゃないのかしら?なんて勘ぐってしまいます(で、彰さんモロ受けちゃってるし…)
今回は挨拶程度な登場でしたが、なんかすっごいラスボスな予感しかありません。でも彼が出てくるのはしばらく先になりそう?

それよりもマヤ、ネムの地雷踏みまくってるじゃない!!!
きっとあれは幸せ気分で目覚めると、隣にいる筈の彼はどこいった?からの爆発コース。
8巻での展開が今からハラハラしちゃいます。

 

BLなのでね、イチャコラシーンばかり追いかけてしまいますが、ここで直也さんとマヤの同棲同居生活の何気ないシーンも素敵だった事を書いておきます。
直也さんがお兄さんしてるー♪マヤが弟してるー♪
あとがきに書いてらっしゃった「攻め同士のヒエラルキー萌え」、なるほどこれは良萌えです。普通のBLにおいて、あまり攻め同士の話を長く描く事はないと思うんです。あってもさらっと流されますが、今回は無理から同居させてもらってる、昔は仲が良かった、年の差という辺りが上手く活かされて、微妙な二人の可愛いシーン満載でほっこりしました。

 マヤの赤面攻め、私は推しますよー(ニヤニヤ)

 

SMごっこ:これはごっこじゃないんじゃない?SMの本性!?

三井椿先生の「SMごっこ」、タイトル通り2人でSMやってます。
まぁ、BL読んでたらそういう話もちらほら出てきますよね。道具使ったりとか色々…。

そんなゆるいSMとは一線を画するお話でした。

タイトルに「ごっこ」とあるからいつもの感じかな、なんて思ってたら甘かった(笑)

こんな部屋、道具、手枷?首枷?見たことないよー!と一瞬引いた(笑)

でもね、それでも読み進められたのは美人受け君の表情がとっても色っぽいから。
なにあのしなやかさ。あんな子がスリスリしてくれるならS冥利に尽きるわね。
S君はなんというか、普段は温和らしいのにクールに豹変すると、精神的にもSというか、でもついてきてくれるなら尽くしますよ、的な、自分の性癖を押し付けてはいるけれどもM君を懇切丁寧に扱うんですよね。奉仕の精神が見え隠れ。で、敬語なのがまたそそられる…。
アメとムチの巧みな使い分けでまんまとM君(元SM属性なし)を手中に絡め取ってしまいました。なるほど、SMって痛いだけじゃないのね。
最初は痛くて怖くて、痴態もさらされるけど、その後のご褒美が嬉しくて頑張っちゃうなんて、もうあなた完全にS君のトリコです。

この本ではこの2人の絡みがたくさん出てきますが、もちろんSMがらみで結構リアル(なのかも)なので、痛いの・汚いのが精神的にダメな人にはオススメできません。あ、でも激グロな場面は出てきませんよ。排○シーンもありますが、かなり爽やか(爆)に描かれてます。とにかく色んな意味でドキドキしながら読み進められます。で、その話が終わるごとに「劇的な変化を遂げるのはまた別のお話」的なモノローグがあって、いや、そこも読みたいのよ!!と前のめりになってしまうのです(笑)

あの本格的なSM部屋で五年間何をやったのか、ここまできたら全部見せて欲しいです。あの美人さんの苦悶しても綺麗な表情とは反対の、いつも涼しげなS君の感情の起伏の少ない執拗な攻め、見たことない器具・道具、攻め方…、巷のSMと言われてるものが霞んで見えてしまうような、なんだか色々とすごい本でした!
(正直痛いのが快いという気持ちは理解できませんが、当の本人たちがイチャラブしてたらそれで良いのです。)

続き、いや、その五年間に起こった受け君の劇的な変化をみたいです。
(重要なことなので2回言います)
5年後のM君は艶やかで美しい。愛されたのねぇ。。。

酔いどれ恋をせず:豹変ビッチの恋わずらい

橋本あおい先生の新刊!いやぁ、素敵ですぅ〜♪

この方に豹変系ビッチ描かせたらたまりませんね!あのほとばしる色気!ほんとイイ!!

 

お話はゲイの唎酒師、水澄が勤め先でトラブってクビ、バーで知り合ったノンケとめくるめく一夜を共にした10日後、飛び込みで入ったお店のシェフがなんと先日のノンケで、なりゆきでそのお店で働く&一緒に住むことになって…という感じです。

いやぁ、ほんと水澄の豹変っぷりたらないわ。タガが外れるって奴ね。セイさんもまたイケメンで素敵な含み笑みをする人でして、元は淡白で3年前に離婚後今に至るけれど、水澄によって絶○のトビラを開かれちゃったみたいですwww

そりゃね、あんなお色気たっぷりのオトコに乗っかられたら出ちゃうよね(笑)

この方の「Between the sheets」にも豹変系ビッチバーテンさんが出てきますが、こちらツンデレ要素入ってるのでそこそこマイルドなギャップなんです。ところが今回の水澄はなんというか普通の元気なオトコだけにオン・オフのギャップが激しい。多分雑誌の方でチラ見した時にあの濃厚なエッチシーンがない回ばかりだったので今回のお話はそういうのないのかなぁ?なんて勝手に期待してなかったからかもしれません。しっかしがっつりぶっ込んできますね〜。しかもやることなすこと懇切丁寧な描写だし。またこの時の目がイイんですよねー。まつげとかびっしりぃ〜!こういうのに弱いですね、私(笑)

しかし蕎麦打ちであんな萌えシーンやっちゃってどーすんのさ!打つ度に思い出すわ!

 

あー、10DANCEでエロなくてもいい〜なんて健全に満足してたのに、これ読んじゃうとやっぱBLにはエロがないとねーなんて思っちゃいます。

 

これ続き物なのが地味に嬉しいです。どうやら学生時代に水澄にトラウマを植え付けた親友(?)が訪ねてきたみたいですねぇ。さて、どう動くのかとっても楽しみです。