アラフォーがリアルで言えないハマリ事を語るブログ

アラフォー主婦がリアルで語れない事を書くブログです。とっちらかってます。

ロマンチックポルノ:絶倫xビッチのエロコメ論争

藤谷陽子先生の最新刊です。この方の描く人々はとにかく可愛いですね(笑)

お話は同時に彼女に振られた会社の同僚が付き合うことになり、お互い大好きなんだけど、エッ○の時のギャップが激しく(笑)その擦り合わせをしていく、というお話。

 

全体的にコメディです。でもエロい。いや、エロいのにコメディ?エロコメ?
とにかく軽いタッチでサラーッと読めてしまいます。エロいのに。

とにかく受けのリツがエロい、ビッチ、声でかいの三拍子揃った子で(笑)
攻めの瑞希はリツとそうなる前に、想像上の清楚(?)なリツ相手に色々とエロい妄想するんですが、目の前の現実のリツにことごとく打ち破られてしまいます。

挙句、お初はしゅるしゅると…あぁ不憫…(笑)

 

ですが、そこは愛、次回は奔放なリツにも負けない絶倫瑞希の本領発揮、不本意ながらも相手が満足いくようつきあってあげます。で、壊れるわけですが(爆笑)

パッカーンなシーンの温度差とか出張先でア○ルボール引きずり出すシーンとか、本来そうはならない場所で吹いてしまうこの切なさよ。。ククク。

 

 

なんかもう全編通してこの二人のギャップ愛が可愛いし面白い。こんなエロいのに笑えるなんて素敵です。当て馬もなく、とにかく瑞希が空回ってるのをリツが導いていく…あれ?リツってビ○チなのにしっかりしてるよ?
割れ鍋に綴じ蓋的カポーは大好物です。

 

瑞希が自分の腰をスパーンと打つ瑞希の全然イケてなさ加減や最後のオチの仕様は
まさに昭和ギャグの世界で懐かしささえ感じてしまいました。

でもエロいとこはエロいんだよね。もう楽しい☆

 

 

たまには少女漫画も…:神様のえこひいき

BLにハマってからというもの、少女漫画にはめっきり疎くなってましたが(それ以前にもかなりのブランクが…・汗)、久々に面白い話を読みました。

 

小村あゆみ先生の「神様のえこひいき」。
現在4巻まででています。

 

これがですね、ただの男女のイチャラブストーリーではないのですよ、奥様。

まず男子高校生の御百度参り@某神社から始まります。なんの願掛け?
好きな子に告白する勇気をもらうため。その子は幼馴染。

あーありがちですねー、うんうん、と思ってたらその幼馴染はなんと同い年の男!

きゃーのっけからBL展開キター!と思ったらあっさり振られます。まぁ…、そうですよね、BL界のご都合主義(笑)に慣れた目でみるととっても不甲斐ないんですが、所詮少女漫画のストーリー、仕方ないです、BL展開が垣間見れただけ眼福といたしましょうか…と読み進めるとなんとその告ったDKが事故っちゃいます!

あれまーと思ってたら最初から軽い感じで出てきてたその神社の神様が彼を彼の理想の姿に変えて生き返らせちゃいます。彼が選んだ姿は…、相手のDKが好きなタイプど真ん中のJK。JKとして生れ変わり、クラスメイトとして転校したことにして新たに彼との恋愛を楽しもうとしたとこでやっぱり元DK、女子として振る舞うには気持ち的に無理があり…。

てな感じでお話がドンドン展開していきます。その後、元DK女子を好きになる相手の元カノ(ややこしい)の出現やいろいろあって現在佳境に入っていき、どうやら次巻の5巻で完結のようです。

4巻の巻末予告にはなんだか大変なシーンも…。うっはどーなるんだろう?
(とはいえ所詮少女漫画の域だから大したことは期待してませんよ。)

 

この絵、どこかで見たことあるなぁと思ってたら「うそつきリリィ」と同じ作者さんだったんですね。
リリィの時もトランスジェンダー混じりな話でしたが(確かリリィは女装男子・恋愛対象は女)、今回はそれをも乗り越えがっつりBL展開持ってきましたね。しかも当て馬として百合女まで…!!しかしそれがまた全く嫌悪感を感じさせないというか、ノリとテンポの良さが際立っている上に心理描写がかなり上手いので、すんなり受け入れてしまいます。

この手の話が少女漫画の雑誌で連載されてるというのが今の時代なのかなぁ、なんて思ったりして、感慨深いです。きっとこのお話がきっかけでBLに目覚める女子も少なくないでしょう(ぐふふふふ)

BLの奥深い話を読むようになってから、薄っぺらい男女という関係だけで繋がれる簡単な話に食傷気味で少女漫画を敬遠してたのですが、こんな骨太な話があるなら少女漫画も捨てたもんじゃありませんね。

 

いや、単にBL展開だから読みたいってわけじゃないですよっっ!

 

 

 

 

シュガーキャッスル:背景持ち腐れのほのぼの大学生カポー(?)物語

日の出ハイム先生の「佐藤くんと佐東くんのあさごはん&よるごはんの巻(全2巻)」です。

 

事の始まりは大学の事務の手違い。

希望の寮に入れなかった佐藤君と佐東君が山奥の廃墟な寮に住む事になり、そこで珍事件もタマに起こる2人だけのキャッスルライフ(笑)

このコ達がもう可愛くて可愛くて…。
周りの人物も可愛い。愛されキャラしか出てきません。
しかし設定は神社の息子で神通力(?)が使えるけど云々とか、食堂経営してるけど10人家族につき云々とか、女装従兄弟とか、不可思議な准教授とか、自称「ネ申サマ」とか、はたけばドンドン話が膨らみそうなバックグラウンドを持ってるにも関わらず、本人達はどこ吹く風、掘り下げるでもなく訝しがるでもなく、全て受け入れ終始ほのぼのキャンパスライフを謳歌しています。

 

正に宝の持ち腐れ(褒め言葉)w


いやぁ、こうでないとこのコ達の世界は回りません。


BLにカテゴリされてますが全然BLじゃないですね〜。
確かにお互いわかりすぎるくらい相手のこと分かってて熟年夫婦な様相ですが、この先もきっとずっと一緒にいそうですが、モブ達はあまりの仲の良さに色々妄想するんでしょうが(できなさそうw)、ラブの要素はきっとお互い持ち合わせていないですねw


シュガーキャッスルというぐらいだからどんだけ甘々ライフ(=エロ)が繰り広げられてるのかと期待したけど、その点は大いに肩透かし食らいました(表紙の段階で感じます。彼らにエロを期待してはいけないと)。
可愛い男子が二人でイチャコラしてる事はしてるんですけどね。カワイイ…。


シュガーて佐藤(佐東)と砂糖を掛けてるのね…。

 

ラブ要素がありそうなのはウツボ君と准教授ぐらいじゃないですか?
その進展も今どきの少女漫画でもネタとして登場しそうなレベル。


初心者でも、何ならBLとは気づくことなく読めるかもですョ!

 

すくすく恋日記:ヘタレ兄と激カワ弟と天然君のほんわか成長記

なんだかとっってもむず痒い〜!可愛い!

平喜多ゆや先生のほんわかした作風にとってもマッチした可愛すぎるお話です。
弟をダシにして好きなコと会おうとする兄ちゃん、可愛すぎるやろー!

 

お話は高校生の仲良しグループの中でもちょっと奥手な子の、下ネタに対する反応にムラッときたリーダー格の颯斗。デートに仕方なく弟(赤ちゃん)を連れて行って彼女に激怒&帰宅されたところを例の奥手っ子・海誠に目撃され、それがきっかけで彼の妹・弟込みで仲良くなります。

何度か弟をダシに使ってお家デート(?)をして、弟経由の間接キスとか…とか…!!!!

可愛すぎるやろー!

随所に散りばめられる颯斗のモノローグがとにかく可愛いわ切ないわでキュンキュン胸締め付けられます。シタゴコロ標準搭載のヘタレ男子高校生。ぐふぐふ。

もーあんなツラしてるのに可愛い!

 

海誠は海誠で色恋の話が苦手でそれがなきゃもっと楽しいのに、なんて言ってたのに、颯斗の溢れてしまった恋心を意識してからの成長っぷりはすさまじいです。

絶妙なタイミングで殺し文句を放つ天然…恐ろしい子っ。

 

赤ちゃんだった弟君の成長もかわいらしいし、颯斗兄ちゃんの育児スキル・思いやり度の成長も華々しく、海誠の恋心+エロ心の成長も見れるというなんとも盛りだくさんで素敵なお話でございました。

 

あーこれ読んだら癒された。そしてココロが浄化されました。

BLにエロは必ずしも必要でないよね。うんうん。

 

な〜んて言っててもやっぱり極エロな話も大好物ですがね。ククク。
(この一文で汚してしまった!?)

 

ろくでなしバーサス!:濃厚湿潤作画に独特セリフの絶妙な逸品

葉月つや子先生、正直に申し上げると、たまーに雑誌で見かけては「うっわ」と敬遠していた方です。絵はね、しっかりしてるんで嫌いではないんですよ、ほんといやらしいぐらいに。でもなんだか…なんだか私にはねっとりしすぎていて、艶かしいを通り越してナマナマしすぎていて、触りたいけど触りたくない煮豚の煮凍りのような存在(謎)だったんです。

それがなぜレビューを書くまでに至ったか、それは単に表紙買いしてしまったからです。パッと見、この先生だとは思いませんでした。人の名前覚えられないんです、私。

だもんでもちろん苦手な先生の名前は覚えてませんでした。で、この表紙、これはタミヲ君と先生かな?を見て、あー夜のリーマンが絡むお話ねー、楽しそうじゃない、と手を出してしまったが運の尽きってやつですよ。

あとで見直したら確かにこの方の絵だとわかるんですが、カラーだからか、かなり煮凍り度が薄まっておりまして、気づきませんでした。あはは。

 

ページを開いて「うっわ」と思いましたが、せっかく買ったし、と意を決して読み始めてみると…、なんだコレ、面白いじゃないですか。

先生の独特の間、セリフ及び言い回しが妙にツボってしまいました。シリアス絵ばかりなのに面白い。なんだコレ。同じような作風の方もいらっしゃいますが、重厚さが全然違います。あちらが檜作りだとするならばこちらは重金属、それこそ年の功とでも言いましょうか…年齢を重ねてこそ醸し出せる粘性といいましょうか…

 

そして独特の表情もまぁ、見慣れてしまうとそこまで気になりません。元来少女漫画系ふにゃ絵よりこんなしっかりした絵の方が好きなんです。ただ肉質感あふれる唇とかね、目や舌の3D感とかね、アメコミばりにリアルを主張されると若干引いてしまうというか…。

でもこの方の絵はアメコミのドライリアル調ではなく、リアルはリアルでもどこかねっとり熱帯気候な感じがして、更にどこかで見たような気もなきにしもあらず、不思議な感情が湧いてくるんです。

と思ったら先生、本業はレディコミの方だったんですね!なるほど納得!
この既視感、腑に落ちました!

あの世界の画風って独特ですよね。昔親に連れられていった美容院(現ヘアサロンですが、あえてこう言おう、美容院)に置いてあった「女性◯身」とか「女性セ◯ン」とか、おばちゃん井戸端会議の情報源的週刊誌にあった漫画が恐ろしくリアルで、子供心に怖いもの見たさで見るけれど、やっぱり怖くて読めなかった、あの漫画と同郷だったんですね。でも、先生のお人柄でしょうかBLでのスタンスでしょうか、ホンモノのレディコミよりも若干軽く感じます。 ビニールハウスに風が吹き込む小窓がある、そんな感じです。あ、女がいないからだ!(笑)

 

長々と絵について語ってしまいましたが、話の方はといいますと、水商売を商いとしている木暮親子(+α)がいかに誰かとくっつくか、のオムニバスストーリーになっております。アホエロです。アホエロでよかった。

総タチ父子(自称)だったのに、子供達は2人ともお堅い職業の方達を掘るつもりが、逆にがっつり掘られてしまいました。お父様はさすがペロリと食っちゃいましたがねw

エロエロ濡れ場シーンもこの方独特な場面が沢山で、ここから食えるんだー(何を)とか、あんなとこ伸びるんだーとか、他の作家さんが描かない体位満載で新鮮でした。ここまでリアルだと白抜き部分がとてつもなく勿体なく感じます。白線修正でもう一度でないかしら。

 

とにかく絵にセリフにエロに(あとがきに)心を持ってかれました。鬼プロ軍団にも…。

 

面白かった。と言えるのはアラフォーになったからかなぁ…。

このエグみを堪能できるのは大人になった証でしょうか。
子供の頃苦いだけで美味しいと思わなかったフキノトウが大人になって美味しく感じる、そんな気持ちです。

 

ドラマ:隣の家族は青く見える:現代の家族問題展示会

深キョンかわいいね!

ってのっけからなんでしょうね、私(笑)

今まで「深田恭子」という存在については可愛いも可愛くないもないただの女優さんとしてしか見てませんでしたが(=関心がなかった)、今回のドラマは彼女の可愛さが私でもわかるくらい出てます。うん、可愛いぞ。

いやいや、それはさておき、なぜ私がこのドラマを見始めたか、は、もちろん深キョン目当てじゃありませんです、はい。それは渉と朔の「ゲイカップル」がどうなのか気になったのです。むしろ見始めるまでこの2人がメインだと思って疑ってませんでした(爆)

ドラマの内容はコーポラティブハウスという共有スペースが中心にある4つの住宅に住む4世帯が、人に言えない個々様々な問題を抱えながら葛藤・成長していく話、だそうです。

まずは不妊治療を始めた夫婦(深キョンと松山ケンイチ)、そして子供を作らない前提で結婚を控えたバツイチ+初婚カップル、それから渉×朔のゲイカップル(渉の一人暮らしのとこへ朔が転がり込んできた)、最後に子供2人いるごく一般的な家族という4世帯がでてきます。

BLを愛読してるとはいえ、リアルで周りにゲイカップルがいる(いた)とはいえ、生身のキスシーンなんて見たことないですからね。それを10時枠ドラマとはいえ第1話目からやっちゃってたのにビックリw

で、1話目だから役者さんも頑張りすぎたのか、朔の上目遣い連発があざとすぎて、これはしくじったか?と思ったところの2話目で朔ちゃんの株は急上昇です。
ちゃんと相手のことも自分の立場も考えてるあざと可愛いさは好きだ〜!と同時に深キョン株も急上昇(笑)
なんかねー、あんなキスシーン目の当たりにしたらそりゃ挙動不審になるよね。で、ちゃんと朔ちゃんと仲良くなって、それを見た自分のダンナ(朔がゲイとは知らない)が嫉妬してあまり近づくなとか言われたらニヤニヤしちゃうよねー。うんうん。
もうこの回で朔ちゃんと深キョン大好きになった!

渉サンのやるせなさ、ゲイを隠してる辛さ、でもだからこそ世間と関わらないと、ともがく気持ちも4話で痛いほど伝わってきて、それまで穏便にひた隠しに隠してる渉サンをなんだかな、と見てたんですが、ちょっと見直しました。
嬉しくて渉サンに飛びつく朔ちゃん、凹んでベッドに横になってる朔ちゃんを背後から抱きしめる渉サン、何気ない二人のラブラブ具合にもうニヨニヨしっぱなしw
とても丁寧に描かれています。これからのこの2人がとても楽しみです。

 

子いらず宣言の婚約カップル、この人たちはそこはかとなく旧トレンディードラマ臭(笑)があって入り込めなかったんですが、ここにきてなかなかいい展開を見せてます。
ってここでも深キョンいい合いの手入れてます。

 

却って世間一般的には「幸せな家庭」の典型な4人家族のお宅、の見栄っ張り奥さん、とっても一般的にこんな主婦いるいる、なんですが、『常識』に凝り固まって、そこに当てはまらないものは夫であろうと隠蔽・除外しようとするその姿は庭を共有してる4家族の中で最も滑稽に見えちゃう。でももしかしたらここまでさらけ出してるのは今時絶滅危惧種なのかもしれません(ドラマ仕様?)。実際はこの世間の風潮に表向きはうまく同調してるけど裏(本音)はこんな人、てのが多いのかもしれません。

同じ子を持つ主婦としては、もしかしたら「ごく普通・皆と同じ」を守るあまり、マイノリティに敏感に反応しすぎるようになったのかな、なんて同情心もなきにしもあらずですが、やはりリアルにいたら自分とは相容れないだろうな。むしろダンスがしたいけど怖くて言い出せない長女ちゃん、家庭を大切にしたいのにないがしろにされるダンナさんに同情しちゃう。石頭母さんの一存で誕生日会できなかったのに文句一つ言わない次女ちゃん、健気すぎておばちゃん涙ちょちょぎれちゃうわ。

 

ま、4話まで観てゲイカップルがメインじゃないのはよくわかりました(笑)

でも私はこの2人を心のメインに最後まで観てみようと思います。

 

最後に松山ケンイチ演ずるダンナ、あの「いるよねーこんなダンナ」的な言動から一転、さりげに妻をフォローしたり、妹との何気ないやりとりで重要なことに気づいて実行したり、できたダンナ様すぎてギャップ&リアリティが…(苦笑)

ねほりんぱほりん「腐女子回」観てみました。

リアルタイムで観るのは気が引けたので(笑)、さくっと録ってさくっと観てみました。
この番組好きでたまに観てるので、怪しまれないでしょう(と思いたい)。

 

普段こんな人たちのお話なんて聞けないですからね。ドキドキワクワクです。
観終わって一言。

 

「想像以上にディープな世界」

 

なんですね(今更w)

 

新しいボキャも増えました。え、もしかして私って「貴腐人」なの?!
もう女子と称するのはおこがましいのか(キフジンと名乗ることすらおこがましい?)。

さらに本当に『腐』と称してもいいのかという根本的な部分も揺るがされました。
BL好きが「腐」だという認識でいいんですよね?
番組を観ていくうちに「腐」レベルがブルーチーズ級やカマンベール級の方々を目の当たりにすると、私ってばプロセスチーズにもなれてないんじゃないか?とか思ってしまいまして。

むしろただのBL好きのオバサンじゃね?って。

ま、プラトニックなお話だけでなく極エロ話もげへげへ言いながら読んでるので(むしろプラトニックのしょーもない話は時間を返せと思う)、その辺りしっかり「腐」かな?

(あ、エロ描写がどーしようもない話も時間を返せと思う)


まぁね、BLの世界観は人それぞれなので、この番組にでてくる「腐」な方々のコメントも「うんうん、わかるわかる」な部分ありの「(考えた事)ないわー」な部分もありので楽しかったです。でも自分の隠したい部分をさらけ出された感じも否めず、終始落ち着かず、むず痒く感じました。

ツボったのは代表(?)として差し出された3冊のBL本、パッと見で全部わかっちゃってもう悶絶してしまいました。あと、ヴィトンのバックの中身…!!

あのタイトル、あの表紙…、やっぱり美術さん読んだのでしょうね。大好きな作品も入ってたので余計むず痒くなっちゃいました。

そしてYouさんがあのメガネの話読んだのか…。それはちょっと嬉しいw

もう本当に小さな小道具だとしてもタイトルや作家名まで作りこんでてさすがです。

あと、要所要所に掛かるBGMの選曲も秀逸ですね。よく見つけてくるなwww

 

あと電車の件には驚愕www

ならばむしろ「阪急梅田駅」の方がよりリアr…ゲフンゲフン

 

 

うん、いろんな人がいていろんな「腐」があるのだな、ということで、
私はここで細々とBLレビューブログを続けるだけにしておきます。