アラフォーがリアルで言えないハマリ事を語るブログ

アラフォー主婦がリアルで語れない事を書くブログです。とっちらかってます。

酷くしないで7巻:彰さんなしでは語れない7巻

言わずと知れた、ねこ田米蔵先生の「酷くしないで」、7巻出ましたねー!

雑誌の方でマヤ父の不穏な出方にドキドキしちゃいましたが、その後諸事情で雑誌を追わなくなったので気になりつつもコミックの出版を待ってた訳です。そして7巻を手に入れた今、マヤ父編の全貌(?)が明らかに!なんて思いながら読んでいって読了後、当初の予想を裏切ってもう彰さんしか印象に残らなかったんですがね。

 

6巻の最後でマヤ父に寝込みを襲われた(!?)二人(笑)、まぁそうなるよね、な展開で話し合いをした結果、温厚そうだったマヤ父に家を追い出されたマヤ。色々あって直也さんのお家に間借りすることになりました。で、マヤ父がネムに接触してみたり、久々のHもあったりしたんですが、その後マヤがあそこ行っちゃった〜!?ネム起きたらどうなる!?てな展開で待て8巻!です。

 

もうね、長らくお預けを食らってたメインカポーのお二人のイチャラブももちろん良かったですよ?描き下ろしも堪能致しましたよ?しかしですね、今回はどー思い返しても彰さんの直也さんへの「ご褒美」とそれによる自身への副作用(笑)でうっはっはー♪なのです☆

なかなか素直になれない彰さんが自身を上手く誘導した結果ですねー。あの最初の頃の淑女な彰さんも良かったけれど、これはこれで…。そりゃさすがの直也さんもぐらっときますわ。策士も失言しちゃいますわ。いやはや眼福でした。

その後もマヤ父を見送った彰さんがマヤ父との会話でちょっとどころか結構将来について絶望してるみたいなんですが、その後直也さんへ会いに行ったとこの表情がまた艶っぽい。なにあの絶望感出した色っぽさ。まだ20代前半の筈なのに既に熟れに熟れた熟女な感じがしますよー。

 

それとそれと、マヤがもうボタンを外すネムを待てなくて思わずズボン引っぺがしちゃう場面、あのネム尻イイ!

引っ張られて股の部分が見えてるパンツってBLにありそうでなかったシーンじゃないですか?お尻の描写がハンパない。ねこ田先生って的確な描写でありそうでなかった変則アングルを攻めてきますよね。

そしてネムが自分で…、自分でぇぇ〜〜〜入れちゃう☆
あぁ、これもビッチ受けが攻めにまたがって襲うシーンでしかみませんよー。そんなスゴ技をネムが見せちゃうなんて!!(跨ってませんが、そこがまた…ククク)描き下ろしでもすごい事言ってましたね、この人。にもかかわらず安定の天然君なのがネムですね。マヤとの電話でのやりとり、ネムらしい(爆)
そんな天然すぎるネムの発言にゲイ歴長いけどいまだピュアな沖野くんはいつも翻弄される訳ですが(笑)

あと、彰さん尻も素敵でした☆この方の描く裸体ホントにいいです。NGアングルなさそう。

 

それとネム父、これもBLではあまり見かけないタイプだなぁ、とマヤ父編1回目を読んで思いました。真っ向からダメだ!で後で理解者になるタイプではなく、驚いたけどそれでも2人が幸せならいいかという妥協タイプでもなく、理解してると思わせておいて実は全くしていないタイプですね、この人。すっごいタチ悪そう。彰さんにもあれは牽制じゃないのかしら?なんて勘ぐってしまいます(で、彰さんモロ受けちゃってるし…)
今回は挨拶程度な登場でしたが、なんかすっごいラスボスな予感しかありません。でも彼が出てくるのはしばらく先になりそう?

それよりもマヤ、ネムの地雷踏みまくってるじゃない!!!
きっとあれは幸せ気分で目覚めると、隣にいる筈の彼はどこいった?からの爆発コース。
8巻での展開が今からハラハラしちゃいます。

 

BLなのでね、イチャコラシーンばかり追いかけてしまいますが、ここで直也さんとマヤの同棲同居生活の何気ないシーンも素敵だった事を書いておきます。
直也さんがお兄さんしてるー♪マヤが弟してるー♪
あとがきに書いてらっしゃった「攻め同士のヒエラルキー萌え」、なるほどこれは良萌えです。普通のBLにおいて、あまり攻め同士の話を長く描く事はないと思うんです。あってもさらっと流されますが、今回は無理から同居させてもらってる、昔は仲が良かった、年の差という辺りが上手く活かされて、微妙な二人の可愛いシーン満載でほっこりしました。

 マヤの真っ赤攻め、私は推しますよー(ニヤニヤ)

 

SMごっこ:これはごっこじゃないんじゃない?SMの本性!?

三井椿先生の「SMごっこ」、タイトル通り2人でSMやってます。
まぁ、BL読んでたらそういう話もちらほら出てきますよね。道具使ったりとか色々…。

そんなゆるいSMとは一線を画するお話でした。

タイトルに「ごっこ」とあるからいつもの感じかな、なんて思ってたら甘かった(笑)

こんな部屋、道具、手枷?首枷?見たことないよー!と一瞬引いた(笑)

でもね、それでも読み進められたのは美人受け君の表情がとっても色っぽいから。
なにあのしなやかさ。あんな子がスリスリしてくれるならS冥利に尽きるわね。
S君はなんというか、普段は温和らしいのにクールに豹変すると、精神的にもSというか、でもついてきてくれるなら尽くしますよ、的な、自分の性癖を押し付けてはいるけれどもM君を懇切丁寧に扱うんですよね。奉仕の精神が見え隠れ。で、敬語なのがまたそそられる…。
アメとムチの巧みな使い分けでまんまとM君(元SM属性なし)を手中に絡め取ってしまいました。なるほど、SMって痛いだけじゃないのね。
最初は痛くて怖くて、痴態もさらされるけど、その後のご褒美が嬉しくて頑張っちゃうなんて、もうあなた完全にS君のトリコです。

この本ではこの2人の絡みがたくさん出てきますが、もちろんSMがらみで結構リアル(なのかも)なので、痛いの・汚いのが精神的にダメな人にはオススメできません。あ、でも激グロな場面は出てきませんよ。排○シーンもありますが、かなり爽やか(爆)に描かれてます。とにかく色んな意味でドキドキしながら読み進められます。で、その話が終わるごとに「劇的な変化を遂げるのはまた別のお話」的なモノローグがあって、いや、そこも読みたいのよ!!と前のめりになってしまうのです(笑)

あの本格的なSM部屋で五年間何をやったのか、ここまできたら全部見せて欲しいです。あの美人さんの苦悶しても綺麗な表情とは反対の、いつも涼しげなS君の感情の起伏の少ない執拗な攻め、見たことない器具・道具、攻め方…、巷のSMと言われてるものが霞んで見えてしまうような、なんだか色々とすごい本でした!
(正直痛いのが快いという気持ちは理解できませんが、当の本人たちがイチャラブしてたらそれで良いのです。)

続き、いや、その五年間に起こった受け君の劇的な変化をみたいです。
(重要なことなので2回言います)
5年後のM君は艶やかで美しい。愛されたのねぇ。。。

酔いどれ恋をせず:豹変ビッチの恋わずらい

橋本あおい先生の新刊!いやぁ、素敵ですぅ〜♪

この方に豹変系ビッチ描かせたらたまりませんね!あのほとばしる色気!ほんとイイ!!

 

お話はゲイの唎酒師、水澄が勤め先でトラブってクビ、バーで知り合ったノンケとめくるめく一夜を共にした10日後、飛び込みで入ったお店のシェフがなんと先日のノンケで、なりゆきでそのお店で働く&一緒に住むことになって…という感じです。

いやぁ、ほんと水澄の豹変っぷりたらないわ。タガが外れるって奴ね。セイさんもまたイケメンで素敵な含み笑みをする人でして、元は淡白で3年前に離婚後今に至るけれど、水澄によって絶○のトビラを開かれちゃったみたいですwww

そりゃね、あんなお色気たっぷりのオトコに乗っかられたら出ちゃうよね(笑)

この方の「Between the sheets」にも豹変系ビッチバーテンさんが出てきますが、こちらツンデレ要素入ってるのでそこそこマイルドなギャップなんです。ところが今回の水澄はなんというか普通の元気なオトコだけにオン・オフのギャップが激しい。多分雑誌の方でチラ見した時にあの濃厚なエッチシーンがない回ばかりだったので今回のお話はそういうのないのかなぁ?なんて勝手に期待してなかったからかもしれません。しっかしがっつりぶっ込んできますね〜。しかもやることなすこと懇切丁寧な描写だし。またこの時の目がイイんですよねー。まつげとかびっしりぃ〜!こういうのに弱いですね、私(笑)

しかし蕎麦打ちであんな萌えシーンやっちゃってどーすんのさ!打つ度に思い出すわ!

 

あー、10DANCEでエロなくてもいい〜なんて健全に満足してたのに、これ読んじゃうとやっぱBLにはエロがないとねーなんて思っちゃいます。

 

これ続き物なのが地味に嬉しいです。どうやら学生時代に水澄にトラウマを植え付けた親友(?)が訪ねてきたみたいですねぇ。さて、どう動くのかとっても楽しみです。

 

10DANCE3巻!:ワクワクする疾走感

井上佐藤先生の「10DANCE」、2巻からしばらくぶりの3巻が発売されましたね!

この間休止期間も長くて、いつ続編がでるのか本当にでるのか立ち消えにならないかなどハラハラドキドキしましたが、掲載誌が変わってしまったので、もしや純粋スポーツ漫画にあっさり鞍替えしちゃうの?なんてほんっと勝手にドキドキしてました。

が、第3巻読むと、おぉ〜いいですね〜♪発展してる!チューもやっちゃうよ〜。えろえろしいよー。結構リアルな絵なので舌なんか生々しいよー(笑)
※3巻はまだ前誌の掲載分だったんですって。4巻からが移転先のだそうです。

いや、この漫画はBLだけじゃない楽しさがあるから本当読んでてワクワクします。

内容は言わずもがな、競技ダンスのお話です。ダンスには大きく2つのカテゴリがあり、普段はそれぞれが5種で競ってそれぞれの王者を決めるのですが、「10DANCE」という競技はその全ての競技を網羅して1日に40曲も踊らないといけないという過酷なもの。それをスタンダード部門とラテン部門の2組の王者がお互いの部門を教え合って協力してやってみようじゃないかというところから話が始まります。

 

何と言っても井上先生の描く身体が素晴らしい。ダンス漫画って過去にも幾度となく少女漫画で読みましたが、こんなに身体のラインをしっかり描いてるの見たことありません。まぁ少女漫画ですのでスタンダード部門をピックアップしてたからそこまでラインを捉える必要がなかったのかもしれないけど(少女漫画だし)、ラテンの鈴木の躰つきのエロいことwあの腰振りの再現が素敵です。そしてスタンダードの疾走感もイイ。バランスが少しでも狂えば残念な結果になりかねないポーズやしぐさも安心して観れるのはポイント大きいです。絵がしっかりしててダイナミックで表情も良いし読んでて楽しいです。

ダンスのことなんて全く知りませんが読んでるとスタンダードでホールドされる女性は大変なんだ、とか上手くリードされると気持ちイイのかーとか、ラテンの絡みがこんなにエロいのかーとかどんどん引き込まれていきます。これ、BL枠超えてます。シリアスすぎないし、続きが楽しみでほんと面白い。

まぁベースはBLなので、ダンスを教えあう時間が深夜になり、女性達はまず終電までに帰し、その後スタンダードの杉木の始発まで練習にラテンの鈴木がつきあう感じで2人で練習する時に男同士のダンスのおしえあいから色々発展していくんですけど、その辺りの反発からの歩み寄りのコロコロ落ちていく様が面白い〜!!

ダンスって疑似恋愛なんですねー。そういう風に見たことがないのでこの漫画読んで競技ダンスというものを覗いてみたくなりました。ラテンの本能恋愛とスタンダードの上品求愛、どちらもイイ〜!!

 

さてさてこの後どうなるんでしょう?新装版にあった10DANCE知らない人向けのイントロでは、現在はまだ新人のライターさんがベテランになっており、10DANCE競技後に2人の伝記を書いたという下りがでてきましたが、そこにこのお話の行き着く先が見えてましたね。でも最後がわかってもこのお話は2人がどういう道を辿るかがメインだと思うのでなんら問題ないですね。

あぁ〜早く続きが読みたいです!

 

苦いのテーマ:クズ男と甘男を描かせたら天下一品。

阿部あかね先生の最新作、私の記憶が確かならばホントつい最近まで雑誌掲載されてましたよね。最近は単行本になるの早いですね〜。

 

ストーリーは幼馴染でずっと一緒だった2人がなっちゃんは大学入学、新は専門学校入学と同時に同棲を始めたところから始まります。昔からず〜っとイチャラブの二人、念願の同棲で浮かれます。近所に良さそうな銭湯も見つけたりして新しい2人の生活に馴染んでいきますが、大学でとあるセンパイとの出会いがあって、なっちゃんついうっかり足を踏み外してしまいます。でそれが最悪な形でバレちゃって…。

 

しかしこの方はクズ男を描かせると素晴らしいですね。ダメなのわかってるのに快楽に溺れちゃうもうどうしようもない心境とか、ついつい出来心・軽い気持ちでおいたやっちゃう男心?

こんな男が近くにいたらこちらから願い下げですが、新クンなんて優しいんでしょう。

そんな優しい新だからこそ、あの冷ややかな視線がゾクッとしますね☆

このほんわかな絵が黒く染まる時(笑)、阿部先生の本質がでるというか、ちょいと狂気を孕みますね。可愛いほんわかもどす黒い狂気もどっちも好き〜!

新は大人ですねー。大人で片付けちゃっていいんだろうか?最後あれでよかったのかな。大人になった二人として描かれてたけど、たった1ヶ月で?いいの?新クンはなっちゃんにベタ惚れなんですね。なっちゃんももうあんなこと2度としないでしょうね、いや、できないでしょうね。昔からのぬるま湯すぎて相手の気持ちもわかんなくなっちゃってたのかな?刺激が欲しかった?刺激強すぎて針の筵だものねw

 

センパイは出るとこでたら(?)「スパダリ」の称号与えられそうなほど良いオトコ。

今回はスパダリな間男(笑)でしたが、「ひろゆきさん」と幸せになってほしいです〜。

 

いやはや今回のは本当に苦かったです〜。

フルーツ、ガトーショコラ:ふわんふわんなリーマンカポーの話

来ました、キタハラリイ先生の新作!
前回のジェラートに引き続きスイーツで攻めてきますね♪

内容は会社の合同懇親会(?)で知り合ったグルメ(外食好き)な二人が毎週金曜の夜に食べ歩き、少しずつ丁寧に歩み寄ってカポーとして収まるお話です。

地味メン米倉さんはリア充嫌いの自分を卑下しちゃう人で、毎週誘ってくるキラキライケメン椎名くんがどうして自分なんかと外食するのか真意を汲みかねてる様子。
一方椎名くんは取引先の資料にわかりやすく付箋をつける丁寧な仕事をする、まだ見ぬ「米倉」さんが気になり、懇親会で一人食べてる米倉さんを見つけ、思わず声をかけた確信犯(笑)

 

パスタ屋のおネェ主人とお友達の米倉さん見てると真性ゲイなのかと思っちゃいますが、この方女性ともお付き合いしてたんですよね。一方の椎名くんもイケメンの上に人当たりの良さで男女ともにモテモテ。でも彼はどうやら最初から米倉さんがターゲットだったのでゲイ?米倉さんもまんざらではなくむしろドキドキしるので、やっぱり彼にもゲイの素質があったのか、それともゲイ自覚なく女性と付き合ってたのか…?と、どーでもいいことが気になっちゃいます。後に響いてこない最初のリア充嫌いの設定、元カノに振られてからそうなってしまったんでしょうかね。

椎名くんが米倉さんに勢いで告白してしまい、告ったからには落とす的猛攻途中に仕事が忙しくなってしまい、会えない時間が増える、という場面でモブにしては作り込んでる(?)川邑部長が登場、これは椎名くん持ってかれるか米倉さんが誤解してこじれるのか?とワクワク(?)しながら読み進めていきましたが、まぁそんなことはなく(ネタバレ?)、むしろ呼び水役となり、収まるところに収まりましたね。

 

この方のお話は凪いでる海のようで安心して読めます。今回の作品はエロ度は低く(前作比)、とまどいリーマンのふんわりふわふわな物語。このふんわり感はどこから来てるのだろう、と思ってましたが、この方コマ割りと場面配置が独特なんですね。斜めを多用して不安定な中にふわふわ感が余計にでてるとでも申しましょうか、そのコマ割りがお話の印象を余計にふんわりさせてると言いましょうか。

こんなにリーマンが可愛いなんてありえない(自警)

 

まぁこの川邑部長、結局米倉さんの後輩くんと縁続きらしく、今後この2人の絡みが期待されます。次回作はこの2人?

私が知ってるキタハラ先生の主な登場人物って皆落ち着いてるかふんわりした感じなので、後輩くんキャラがどう動くか楽しみです。

おっさんvs押せ押せワンコかぁ〜?

Young Good Boyfriend:歳の差カポーのほっこりラブ物語

ダヨオ先生の新刊。前作「Young Bad Education」からの続編で、晴れて恋人同士になった優等生水沢と中年教師のその後を描いた作品です。

 

きっと普通は読まないような絵柄なんですけど(失礼)、水沢の目がキラキラしたガラスの様でつい手に取ってしまいました。でも読み始めるとなんだか独特な雰囲気があって妙に引き込まれます。水沢(生徒)は優等生キャラというよりはいじわるリア充キャラなんですけどねー。まぁ医大行って医者になってるんで優等生ですね。

 

20歳の歳の差だけど先生がこれまたヘタレでいっつもテンパっててそれが初々しくてそんな歳の差があるように見えない。でも随所におっさん臭しててそれもイイ(笑)

前作の馴れ初め編も良かったけど、今回のその後編も良かった〜。なんてことない日常を描いてもテンポがイイのですぐに読めます。年齢によって水沢の顔がしっかりしてくるし、おっさんはよりおっさんになるし(笑)、でもお互いがお互いを大事にしてて二人で素敵に歳を取ってるのが滲み出ててほんわかした気分になります。最後はおっさんの回想と涙につられて不意に泣きそうになりました。あわわ。

 

度々事件が起こったり嫉妬や不安にかられてこちらまでドギマギする話もいいけど、アラフォーになるとこんな日常のほっこりした愛のお話も安心して読めるので好きになってきました。

そうだ、この人セリフ回しがいいんですね。少ない会話で的確に突いてきて、なんども読み返したくなる作品です。はー幸せ☆