アラフォーがリアルで言えないハマリ事を語るブログ

アラフォー主婦がリアルで語れない事を書くブログです。とっちらかってます。

ふきげんなディア〜桜庭先生の稀有な悩み〜:甘いスイカに塩ひとつまみでもっと甘くなりました。

出ましたね〜!ふきげんなディア続巻!続いてたんだ!と嬉しい驚き。

ちょっとアニメっぽい表紙に「あれ!?」と驚きましたが、スーツ姿の桜庭先生ですね。
読んでから見直すとなるほど、と思います。
いやはや、このお二人、やっぱり良いですね。甘々っぷりがレベルアップです。

 

お話の展開は奏汰が担当することになった若手イラストレーターがちょっかいを出して、それが気に入らない桜庭センセ&奏汰の大ボケw、という具合です。

そこに桜庭先生が前巻最後に奏汰と二人三脚で作りあげた新作絵本が絡んできます。で、桜庭センセの口数が足りず一悶着もあります。よくある話の展開ではあるんですが、この2人がいちいち可愛すぎてその辺りはどーでもよくなっちゃいます。

私が見たいのはこの二人のイチャラブなのよ!とw

 

過去のトラウマで可愛いと言いにくいとかなんとか言ってますが、前巻で言ってますよねぇ〜。まぁ付き合い始めて可愛いと言いたい時が増えてそれで自制してたのかもしれませんが、そんな可愛い奏汰に振り回されてる桜庭先生も可愛いすぎます。

 

絵がね、さらさらタッチからちょっと線太になってますね。1巻の1話と2話の中間ぐらいな感じでしょうか。あとトーンも多用されて全体的に濃くなった気がします。
もしかしたら元々このタッチが好きな方なのかもしれません。でも線がさらさら期にとても洗練されたので、線太になっても読みやすいです。

 

さらに、新婚さん達の番外編も!
忍さん、手綱捌きが素晴らしい(爆笑)そして百武先生の傍若無人っぷり!
てれてれ忍さんカワイイ!!!!!読む暇ないよね、うんうん、ないよね〜〜〜〜〜www
この安定感、さすが新婚さん。

この2人もエロカワで素敵です〜。

 

いつものおまけの展開も大好きです。この甘々シリーズ続いて欲しいな。

 

ハッピークソライフ:はらだ大先生の真骨頂!カスでクズぅ〜な二人w

ほんとはね、ワタクシ、クズとかカスとか出てくるゲスい作品てあまり好きじゃないのですよ。

基本雑食だし、リバカプ大好きだし、ガチムチもそれなりに嗜むし、ツンデレ受け&攻め大好物だし、SMもまぁ…スカ○ロまでいかない愛あるSMならそれなりに?ショタはちょっと勘弁だけど、成長後のショタは好き(既にショタではない)。

とまぁ自称ですが間口は広い方ですよ。でもなぁ、ゲスいのはちょっとなぁ〜なんて思ってたんです。

ゲスい作品て甘々になりにくいからかしら?

 

なのでこのお話も、クズを描かせたら右に出る者がいないはらだ先生の作品、しかもタイトルに「クソ」なんてついてますしね、なので躊躇してました(にしては購入早いw)。でもレビュー見る限りではあのダークな痛い面がなさそうなのでポチってみたわけです。

 

するとどーでしょう、アータ!!これ、イイ!(爆笑)

 

もう名前から粕谷と葛谷てもー!!名は体を表します。二人ともカスでクズ!
ストーリーは社長令嬢相手にオフィスでゲスプレイをして密告されてど田舎に左遷されたリーマン(粕谷)とその隣に住む遺産食いつぶし系ニート(葛谷)とその周りのお話なんですが、もうゲスいクズいこの二人、お互い自称ノンケのAF大好きネコ。
目の前にホンモノがあるからとかいうクズい理由でリバっちゃってます。

 

もうね、何が良いってはらだ先生のコマ割り、いちいち的確な表情、さりげなくおかしいセリフ、コマ中の動き、アングル等々、ほんっと何をとっても素敵です。
楽しすぎる。
こんなシーンで笑いをぶっこめるのはこの方ぐらいしかないって場面が多すぎるw
てか簀巻き…!!!

頭空っぽにして楽しめます。もうアホすぎて爆笑します。こんな場面で吹くなんて我ながらひどすぎる…と我に返ると自分自身に若干引き気味になりますが、それでも面白いものは面白いんだから仕方ない。やっぱり面白いんですよ。えぇ。

しかもこれ、続き物だしね。え?続くの?って思っちゃいました。
そういえばレオとの決着もついてないですしね。あぁこの人も不憫なおバカですね。。
そして話には関係ないけどもしかしてあの人って…と正体に懐疑的になってる人もいるんです。そうであれば面白いけどそうでなくても良いので、その辺りもハッキリしてほしいなぁという希望もありますが、とりあえずこのおバカ路線で突っ走っていって欲しいです。

神様コワかわです。今後も少しでいいので喋って欲しい。

 

2巻も買うよ!

 

 

インディゴブルーのグラデーション:番外編バンザイ

市川けい先生の「ブルースカイコンプレックス」の番外編です。

前に出された同人誌から集めたものだそうです。

 

その前にこの本編のブルースカイコンプレックス、なんだかじわじわ良いですね。
スルメみたいに読むたびに滲み出てくる良さがたまらないです。
て、まだ5巻読んでないんです。読みたいですね。何待ってるんだろう、私。

 

そうそう、同人誌からということで様々な制約がないせいか、余白を素敵に使ってらしたり、何気ない感じがまた素敵なんです。

この方の空間の切り方、身体の部分の描き方、絵の引き方・ズーム・視線大好きです。至るところにセンスが光ってます。脈絡のなさそうなぽつぽつ会話も好き。

 

この、はたから見ると全然恋人に見えない(接点もなさそう)、ごくフツーの男子2人が実はお互い大好きで、夏生のヤンキー受けをはじめ、メガネでクールな次男坊・チカが実は絶倫攻めというギャップもいい。そしてこの二人の他愛もない会話をしながらのHは最高です。逆にリアルぽくてエロい(きゃー)。

 

本編は1巻Hなしで2巻以降ちらほらと出てくるだけで、それはそれでストーリーに合ってるので良いんですが、そこはかとなくがっつりエロいシーン(どっち)が満載のこの番外編は買って損はないです。ほんといい。かわいい。

 

結論、
なんだかんだで甘々BLが大好物なんですよ。
この二人の甘いお話もっと読みたいデス。以上。

 

恋をするつもりはなかった:尊いリーマンと大学生のもだもだ

へへっ早速買っちゃいましたw

鈴丸みんた先生の「恋をするつもりはなかった」
…買うつもりはなかった、なんてタイトルにかけて言いたいとこですが、
最初から買う気満々でした。

 

あらすじは三十路の誕生日を迎えた美リーマン"よしの"は職場で耳にした「ゲイバー」に行ってみました。そこで出会った大学生"ロウ"と一夜を共にして、その後ロウの言動に翻弄されるのだけど、実はロウの本音は…。

 

いやあ〜いいですね〜〜〜。何が良いってやっぱりこのテクスチャでしょう。

ふわっふわな髪の毛、絶対肌触りの良いマフラー、ふんわり暖かそうなコートや衣類、身を沈めたくなるようなベッド…。

そしてエロ美リーマン・よしの。エロいこと大好きなくせにスレてないからロウの駆け引きをまっすぐ受け止めちゃうの。その素直すぎる反応に振り回してたはずのロウが振り回されちゃう。くくく。

一歩間違えれば袋小路なお話を綺麗にスッキリまとめてくるところも素晴らしい。

 

しかしロウ、若干21歳にしてなにあの老成、というか落ち着き払ったというか遊び慣れてる態度。あれが大学生だなんて末恐ろしいわ。で、バーテンのスイちゃんも同じ大学の仲間ってのにもびっくり。ついでにノンケぽい彼らのご学友もあのバーに入り浸ってるのにも驚きを隠せません。

しかしやっぱり今回も周りの人がみんな優しい世界。職場の先輩も参戦するのかな?と思ったらただの奥さん大好きな後輩思いの先輩でした。訝りすぎ、私w


さておきあんな美リーマンが職場に一人でもいたらそれだけで生きていけそうですわ。
どーして現実ってこう‥あ、いやいや、BLがファンタジーなだけですね。

 

あとがきにあったカクテル、ロブロイは某ホテルオーナー×バーテンのお話に出てきましたね。あれまた読みたくなりました。

 

電子のおまけマンガ、内容はエロいのに可愛かった!やっぱり可愛いよ、よしの!

 

この方の作品を読み終えると上質の服・リネンが欲しくなります。

 

タイトル間違えた〜!!!修正しました!ごめんなさい!

読みたいものがいっぱいw

レビューじゃございません。すいません。

ただ、読みたいものが立て続けにリリースされたのでもう何からどう手をつけたらいいかわからない状態です(笑)

 

まずウノハナ先生の「気まぐれなジャガー」

3巻きましたねー!読みたい!読みたい!!帯からしてもう読みたい!!!
過去編?現在に戻ってきた?どちらにせよ読みたい!

 

そして鈴丸みんた先生の「恋をするつもりはなかった」

これもー!良さそうな気がプンプン。あの絵のテクスチャが癖になる!

 

さらに、志水ゆき先生の「花鳥風月」

9巻!あの2人の過去が語られるという…。番外編も気になる気になる!

 

丹下道先生の「恋インUltimate」の2巻・資料設定集!電子リリースを待つのみ。

波真田かもめ先生の「おはようとおやすみとそのあとにtrip」2人の海外旅行〜!

奥田枠先生の「糸永くんの恋の糸」2巻!ラブラブに拍車がかかってるらしい。

だよお先生の「ロンリープレイグラウンド」3角関係らしい。

市川けい先生の「ブルースカイコンプレックス」5巻!JKが暗躍(?)するらしい。

 

ざっとあげてもこんなに!掘り起こせばもっとあるけど、自重!

予算がない!セール狙うしかない。いつになったら読めるんだろう・・・。

【アニメ】ギヴン:え?終わったの?

え?もう終わっちゃったの?

と、先週分見終えてしばらくしてから気づきました。

ええ、確かにみんなの情景やエンディングがいつもと違ってましたよ?

でもまだ続くとばかり思ってました。なんだか全然最終回って感じじゃないし。

だってほら、次のは10月開始なんでしょ?
だったら間の今週木曜は何があるのですか?

 
でも最終回だと思って改めて見ると、出演者全員の日常を走馬灯のように(?)見せてたりして確かにそれっぽい。いや、でも次につながる何かを感じる…と思ったら映画ですかー。なるほど、あれだけがっつりと大学生達の恋愛事情も絡めに絡めてきてて、これ全部やる時間あるのかな?と思ってたら、大学生編は映画でどうぞってことね?
見に行けるかしら?いや、きっと時間(と勇気)ないわ。くぅぅ、悔しい…。

でも真冬の次の歌がスクリーンで聴けるのよねー。ちょっといいかも。

 

BLだけどBLぽいシーンは真冬の回想とライヴ中の二人のチューぐらいでしたね。
映画ではどうなるんだろう?原作の方もそんなに描いてないから違和感は少ないかも。

いや、ほぼレ○プ(最終的に和○)シーンあったよ!どうするの?R18とはいかないまでも大きなスクリーンでの鑑賞は結構な羞恥プレイかもしれません。うぅ…。

 

映画といえばヨネダコウ先生の「囀る鳥は〜」も映画化ですね!
こちらもものすごく気になります!

PVの音楽が既にカッコ良くてイヤでも期待が高まります!

 

…こちらの方があのシーン豊富ですよね。どうするのかしら?

こんな日常:ツンデレの極み!ゾクゾクキュンキュンの極みぃ!!!

神田猫先生のちょっと前の作品です。

同じ会社で働くダイとアオは恋人同士。アオは美人ツンキャラでみんなに等しくそっけない。そんな恋人をかわいがるダイ。1週間後に初○ッチの約束を取り付け、前日に色々焚き付けてアオの反応を楽しむダイ。そしてついに…!!

 

んもぉーーーー可愛い!かわいすぎます!アオ!なんて子なのあなたは!!

読み進めながらダイと同じようにゾクゾクしてしまいましたよ!

ツンなアオは美しく、デレたアオは愛らしい。なにあの抑えきれずにムニュムニュした口元!ダイの前でしか顔を崩しません。ダイ、愛されてるなぁ〜。

 

ダイも焦らせて焦らせて焦れて大変です。当日のアオのいろーんな事を想像しては耐えるダイ。1週間の約束がどんなに楽しみなのか大事なのかめちゃくちゃ伝わってきます。読んでるこっちもジレジレです。

 

もうね、ストーリーにドラマ性を求めるならはっきり言ってこのお話にはありません。
ただのカップルの溺愛イチャラブ話です。あるとすればギャップ萌え?(何があるの?)
ダイが抹殺したくなる人も出てきますが、一瞬です。心配なんてすぐに吹き飛んでしまいます。当て馬にもなりゃしねぇ。

でも、ツンデレネコちゃんや砂糖を吐きそうな極甘なお話が大好きな人には超おすすめ。ダイと共にツンデレなアオを愛でましょう!

 

もちろん約束のエッ○シーンも良いですぞ。ホッホッホ(誰)