アラフォーがリアルで言えないハマリ事を語るブログ

アラフォー主婦がリアルで語れない事を書くブログです。とっちらかってます。

十二支色恋草子:モフモフと千変万化の攻め様

待緒イサミ先生の全3巻(になるのかな?)モノです。

 

お話の内容は神使(動物)達のお休み処に猫神様が来るところから始まります。実は今まで猫神様はここに来た事がありませんでした。なぜなら、このお休み処の大将は十二支が順番で受け持ってるから。十二支と猫の因縁のお話は有名ですが、こちらもその因縁が元で猫が寄り付かなかったのです。でも今回はお社が燃えて猫神様の力が弱くなってきたので仕方なく。猫神様を連れてきた猫憑きの古万乃胡太郎と猫神のコマ、そしてお休み処宮司の干伊正隆が出会っていろいろ盛り上がります(笑)

 

いやぁ、前回に続き、このお話も可愛いです。神様モノってなんだか掛け値なしに好きなんですが、これはちょっと異色というか、宮司の正隆クンが十二支の獣達に月毎に憑かれるので、その度に性格が若干変わるというか影響されるのでいろんな正隆クンが見られるのです。一粒で十二度オイシイ…。

その動物の影響で猫(=コタ)との関係も影響されるという…。

 

しかし構成がうまいです〜。なんで中途半端に酉の月から始まるのかな?と思ってましたが、翌月の犬のように懐く正隆君を経て次は猪突猛進なイノシシ、そんな三ヶ月で正隆君とコタローの関係が深まってきたころに…あの動物の月になりますか。なるほど納得です。ふふふ。

設定上動物だらけのモフモフだし、しかも神使だし、最初はBL要素でてくるんですかね?と訝りながら読んでいました。そのうちもう動物達が可愛いし人間様達も何かといちゃいちゃしてるしエロなくてもいっかーなんて思ってきたところ、でますねー!始まると矢継ぎ早(爆)
しかも神使達直球すぎる!それに振り回される二人もイイ!正隆クンもなんだかとんでもなく直球だぞ?神様相手にしてるとそうなるのかしら?猫憑きだけどごくごく普通のコタの反応も大好きだ!(笑)

で、毎月色々あってもう一つの因縁、コマの社が燃えた原因(といってもとばっちり)を作ったあの動物とのお話もうまく収まって、さて、次なる第3巻、未見なんですよねーもー。

早く読みたい!

 

 

放課後はちみつ:DKってこんなにキュンキュンなの?

浜真田かもめ先生の「放課後はちみつ」、

まずは可愛い!そして可愛いっ!もひとつおまけに可愛いらしいぃっっっ!

 

なんでしょうこの高校生の可愛さって。まさかこんな可愛い高校生がいるなんてっ!

いや、BLはファンタジーだからね、いいんです、これで。

 

高校で同級生のヒエラルキー上層部の蜂屋心とちょっぴり冴えない花織満夫くん、ふとした事がきっかけで仲良くなります(てかパッと見蜂屋の一方通行)。で、高校生ぽく可愛く密かにもどかしく高校生活をエンジョイした二人は卒業式後、このまま想いを再確認して晴れて…!!と思いきや!?

 

まぁ、世の中は狭いね、そしてあんな事が有効だなんて可愛いね。もう漫画ならではの展開にもウフフとなるこのお話はほんっとイイ。荒んだ心が温かく凪いでいきます。

高校生活中、ミツオくんが上層部蜂屋のスペックにちょっといじけて若干こじらせちゃうんですけど、いいなぁ、可愛いなぁ、って思っちゃう(バカ)。ミツオくんは最初から蜂屋が好きだから一挙一動を意味深に捉えてしまって気になりすぎて身動き取れなくなるんですけど、蜂屋は最初は興味本位、天然で悪気なく絡んでくるけど、でもその気持ちが少しずつ変わっていく様がすごくすごく伝わってくるんです。キュンってなる!

夏休みのケータイでの写真しりとり、めちゃくちゃ可愛いです。
DK、うさぎ描いちゃってるよ!カウントダウンも素敵。
なんか「ミツオくん少女漫画みたいなのが好きなんだと思って…」て言ってるけど蜂屋クン、君が乙女だよ!て、あんな小細工、少女漫画でもこんな回りくどいことしねーわ!ほんと(一方的にだけど)再会しててよかったよ。

この方の描く猫目でハの字眉の子(受)がすんごいツボついてくるんです。謎です。もれなく気が強いのになんでこんなに愛らしいんだろう?気を許したらすんごい一途だし、すんごい年下ぽい?あぁ、これこそが所謂ツンデレってやつですか?それが高校生でも24歳でも変わらないのです。あ、24歳って別作品の「おはようとおやすみとそのあとに番外編」3巻の伊介くんです。この話も全編通して可愛い。またついつい読んじゃった。ま、アラフォーにしてみればこんな作品に出てくる男子はほぼ年下ですけどねっ。

 

絵もそうですが作品全体がほんわかしてほのぼので、すごく可愛いんですよね。登場人物も相手が好きすぎて意地悪しちゃう人はいるけど根から悪い人出てこないし、読んでてホッと安心するんです。癒される。

 

こんな癒されBLってあったんだー。

 

 

リアルゲイとのお話

さて、相も変わらずBL読んでますが、ここでちょっと別のお話。

(レビューする漫画をどれにしようか悩みすぎて順番決められないということは内緒(笑))

 

ふとリアルで周りを見回してみますと、実はいるんですね、リアルゲイの方々が。

 

私の知るところでは3組。うち1組は子持ちでうちの子とクラスメイトでした。

子供は「お父さん」と「パパ」と呼び方を変えて2人のお父さんと仲良く暮らしていました。「お父さん」も「パパ」も学校行事には積極的に参加しており、「お父さん」は保護者会など夕方〜夜にある集まりに、子供の送り迎えは仕事の時間の融通がきく「パパ」が担当していました。パパは仕草や話し方が柔らかく、知らない人が見てもそっちの人だな、とわかる感じ。かといって遠巻きに見られるでもなく、その朗らかで優しい人柄で他のママさん方と打ち解けていました。
現在は引越ししてしまったので色々聞きたかったな、と思いつつ、どこまで踏み込んでいいのかわからないので、いても聞けなかったなと思いつつ、良き思い出です。

 

もう一組は近所に住んでるカップルで、ちょっといぶし銀の男性と彼より10以上は違いそうな風貌の若い男性。2人は小さな可愛い犬を飼っており、夕方交互に散歩に連れ出しています。会う度に子供が犬と戯れるのをニコニコと付き合ってくれます。しかし最近家を買ったとかでお引越しされるそう。寂しくなります。

 

最後の一組は近所ではないスーパーで見かけたんですが、ネルシャツにロン毛を後ろで縛ったラフな格好の男性とエリート商社マン風のスーツイケメンのカップル。こちらがまぁ、ツーカーな感じでして。お金を払うのはスーツイケメン。お札でバーンと漢気ある支払い方。しかし、ロン毛さんは小銭を気にして細かいお金を払い、かつポイントカードもしっかり出してやりくり上手。袋に詰めなおす作業もこなれてて(スーツイケメンはただ見守るだけ←手が出せない)、なんかもうほんと夫婦でした(萌)

 

この3組のカップルを見て感じたこと、それは皆さんあまりにもイケメンすぎるんです。パパはおネェだけど中身イケメンだし、お父さんはスーツの似合う壮絶イケメン。近所カップルもスタイル抜群でオシャレな枯れイケメンと優男イケメン。スーパーの2人もめちゃくちゃカッコ良かったんです。絶対みんな女にもモテたはず。いや、現在進行形でもモテてるはず。

なのに男同士でくっつくなんてー…

ほんと酷い。

こんな性格も外見も良いイケメン達がこぞってゲイだなんて酷すぎます。

 

この辺りのBL描写はリアルだな、なんて思ったりします。が、この3組を見て色々妄想…までは腐っておりません。ていうかできません。あしからず(笑)

 

番外編:

若かりし頃に友達の友達のまた友達というつながりでバーで出会ったバイの男性。長身で友人(女)の肩が彼の腰辺りという小顔・足長族だったんですが、酒を飲みながら最近フられて凹んでることを告白。みんな可哀想に思い親身になって聞いてあげると、真相は奴が女と浮気してるところを付き合ってた男性に見られて修羅場、というバイならではの事件だったそうで、皆にそれはお前が悪い、と一蹴されたのでした。おばかさん。

気まぐれなジャガー:やっぱミュージシャン物は王道っしょ。

ウノハナ先生の「気まぐれなジャガー(1)」、
1巻ですってよ!続くんですってよ!うっはー今から楽しみ!!

 

話は音楽誌の編集やってる新(アラタ)と三ヶ月ぶりに帰ってきた昔からの友人(恋人)椎名の音楽関係の仲間との話。天才ギタリスト椎名は三年前突然バンドを休止して海外行ったり来たりの生活で、バンド仲間はその復活を願いつつ時期を待ってる…とかそんな感じ。

 

なんかねー、ミュージシャン物って個人的に大好きなんですよ。あのギターとか歌とかね、演奏・歌ってるの観るの大好き。きっと昔音楽こじらせてたからだと思うんですけど、三つ子の魂百までってことでしょうかね。もう昔のアドレナリンがぶっわーと飛び出すんです。カッコイイ絵ならさらにドン!とね。

 

ウノハナさんの粗削りな絵はまさにそれを描くためにあるようなものですね。うん。ドキドキしちゃった。アドレナリンでまくった。新・椎名の音が聞こえる気がした。温和な酒井さんのドラム姿や泣き虫シズちゃんのベースも見てみたい!この2人も演奏でガラリと豹変するはず!

 

そんなバンドもの(今はまだ休止中だけど)に現在ハマってるBLが絡んでくるなんてもう最高じゃないですか。至上の喜びですよ。あの二人のがつがつしたエ口、いいですね。
ガンガン攻めてそうな椎名が鳴いちゃってるの、もうたまりません。冷静そうな新が椎名にがっつく姿もイイ。


恋愛脳マンガもいいけどこの友情が突き抜けちゃった系も大好きです。ぶっとい絆で繋がってるというか(シモの方じゃなくてね・失礼)、BLじゃなくてもイケる。いや、もちろんエロがあればそれに越したことないんですが、凝り固まって解けない縁の中でもがいてすれ違って離れようとするけど離れられないとかね、そういう男同士ならではの繋がりがイイっ。女が絡むとそこまでずっしり重く堅くならないんですよねー。

 

やっぱこの流れだとpeg復活するでしょ。絶対するでしょ。早く2巻でないかなー。

曜明さん、おかわりです!:花鳥風月(Dear+1月号)

あーあーあーフライングです、すいません。

コミックのレビュー書こうとか思ってたのにこれ読んじゃったらもうダメです。

Dear+1月号の志水ゆき先生の「花鳥風月」、
これぞ神回!ニヨニヨドキドキ止まりません!

ちょっと顔面崩壊したね、私。体温も上がったね。ごめんね、こんなアラフォーで。

 

先月号からもー指折り数えてました。雑誌なら発売されて何週間か経ってるので今更感もありますが、雑誌買う勇気ないんです、ヘタレなんです(でも今回ばかりは紙で買おうかと思い切り悩んだ)。

 

いやいやいやいやそれよりもですよ、奥さん(誰?)、ここ数ヶ月のDear+、ワンコ火弦が報われまくりの幸せいっぱい・めくるめくご褒美ターンでしたが、ついにきちゃったよ!最大級のご褒美が!もうね、先月で最後までいくと思ってたので、先月号読了後は嬉しいやら残念やら、でもやっぱりひっぱられて嬉しいやら、と複雑な気持ちでした。で、この一ヶ月(a.k.a.待ち時間)の長かったこと!

 

火弦の「はしたないお願い」とかね、確認させる曜明さんとかね、ぺちんと可愛く叱る曜明さんとかね、言いたいことは山ほどあるんですが、それらを一瞬で吹っ飛ばす曜明さんの破壊力のあるお言葉!

 

っきゃぁーーーー!後出し反則〜!(?)

 

そ・う・き・た・かー!!!!(嬉)

 

もうね、私も火弦と同じように考えてましたよ。いや、きっと曜明さん以外皆そう思ってたね。あんなオットコマエな言葉が聞けるとは思ってませんでしたよ。

それに対する火弦もまた素敵な切り返しでした。その後のお願いも…グフゥッ(鼻血)

 

翌朝の曜明さんの笑顔にも心の蔵を射抜かれました。これって…史上初笑顔?

火弦、ほんっっっと良かったねぇ。。。

 

 

次号はお休みですが、もう至福満腹なので全然平気。

ゆっくりお休みください(そうとも言ってられないのかな)。

 

あー次は誰の回かなー?ぐふぐふ。あと早くコミックでないかなー?この一連の流れを気持ちよく読破したい。そして何度も読み返したい!

 

ほんとに火弦がヒトで良かったよねー曜明さん!2人で幸せになってくれぃ!

 

えろえろしいわ!:Between the sheets + Blue moon blue

あ…もうなんでしょこの小悪魔め!

橋本あおい先生の「Between the sheets」と「Blue moon blue」の2巻セット、たまりませんね。

あんな少女漫画のような細い線なのに描くとこしっかり描いてるし(え、まずそこ?)、一瀬さんの超〜自信満々の金持ちドヤ顔もイイ!下手するとウザいのに帰国子女としてそこらへん突き抜けすぎた一瀬さんのキャラは読んでて楽しかったです。

 

あらすじはとあるバーの美人バーテンダーとそこに通うホテル経営者がバーテンダーをどう攻略するか、のお話。バーテンダーの高史さんが天然でどエロ。社長の一瀬さんは自信が足を生やして歩いてるような人。大人の香りプンプンです。2人してエロいです。

 

そして何と言っても高史さんのアノ恍惚の表情…!!!!!

何コレこのギャップ!普段の高史さんとのギャップもだし、下手すると少女漫画であははうふふな物語が描かれてもおかしくなさそうな絵面でこういうことする!??

最初っからとばしてた高史さんですが、以前は…?と気になってしまうのは穿った見方でしょうか。もう天性の魔性の人だったんでしょうか。高史ツンデレのデレを引き出した人は他にもいたのでしょうか?いや、いないでしょうね。あそこまでグイグイいかないとデレ出せないでしょうし、相手や自分の気持ちにも気づかないでしょうからね、高史さんは。

 

もーあの天然小悪魔を制御できるのは一瀬さんのドヤパワーしかありません。いや、制御ではないですね。逆ですね。がっつり煽ってますね。もうどんどん煽って引っ張り出して〜〜〜!もうドロッドロにエロい二人を見るのが楽しくて楽しくて…。この2冊で終わりって寂しいですー。

 

高校生の青い性春もよいですが、大人の酒の上での軽い駆け引きも良いものです。

あぁ、でもこの話は舞台は揃ってるけど駆け引きというよりも大人の甘やかしですね。

 

BLのリアルかもしれない:ネオンサインアンバー

おげれつたなか先生の「ネオンサインアンバー」、綺麗な絵です。切ない話です。

透明感のあるカラーがたまりません。

しかし先生、お名前が…。正直、最初は名前で食わず嫌いしてました。ごめんなさい。フタをあけると全然おげれつ違うじゃないですか。見事にはまりました。

 

お話はクラブで働く無表情スタッフと毎晩のように女のコを漁りに来るガン黒チャラ男のお話。一見ノンケ同士ですが、チャラ男のサヤちゃんはえげつない過去を背負ってるゲイ。それもあって素性を隠して女のコ漁るけどやっぱり上手くいかない。というかゲイだから女の子といると安心なだけでその先望んでなくてその先希望の女の子に怒られてる毎日(モテるんだね)。そんなサヤちゃんが気になって仕方ない真性ノンケのゆーすけ。些細なことで絡み合っていくんですけど、ゆーすけがやっちゃうんですよねー。あーぁ、ってなことを!理想と現実は違うよねーってなことを。でもね、リアルできっとあると思うんです。いや、絶対ある!なのにこういうこと描く作家さん今までいなかったと思います、きっと。


この方の他の作品でも結構イタいとこついてる描写ありますが、この話も心理的にかなりイタかったです。ノンケ×ゲイのあるあるかもしれないけれどサヤちゃんの過去を知るともぅかわいそうで…。見てらんない。ゆーすけも自分ではイケると思ってたし、決してわざとじゃない。だから尚更自分がしでかしたことを猛省して最下層まで落ち込んで…あぁあ…。見てらんない。

 

でもね、最後は救われるからいいんです。ゆーすけの変わり身の早さも否めませんが(笑)、それはそれ、これはこれ、時間が経って気持ちが高まっていい具合に成熟(?)したのです。ここらはいつものBLの流れと変わらないので、あえて深入りしないと違和感ゼロです。

クラブの喧騒の中の2人と朝の定食屋(居酒屋?)の2人だけの静けさとのコントラストもいいし、2人以外の(まともな)登場人物がサヤちゃんのお母さんとバーカンの子だけ(と思ったらバーカンの子顔ないしw)、というのもスッキリしてて読みやすい作品でした。舞台が夜なのに読み終わったら何故だかほっこりしてしまうのはサヤちゃんの純粋で健気な可愛さがあるからかしら。


あと、この人の絵、素晴らしく綺麗です。しっかり骨・肉感あるし、デッサン狂ってないし、ほんと好き。エ口も表情がイイ。着衣よりも裸の方がイイ。なんてこった(笑)

私みたいに作家さんの名前で食わず嫌いの人ぉー、絶対読んで!イイから!ほんと!