読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーがリアルで言えないハマリ事を語るブログ

アラフォー主婦がリアルで語れない事を書くブログです。とっちらかってます。

「酷くしないで」はヤバい

現在6巻まで発売、今も雑誌上で連載されている、ねこ田米蔵先生の「酷くしないで」。

いや、やばいっす、ほんともう、どうしよう。。

 

BLハマり期初期に読んだダイジェスト版の第1話(2話目でした)でドン引きした思い出がありますよ。

 

なんで、なんでマヤはネムネムのアレを見たいのー???

 

いや、だってどー見てもネムネムはもやしのガリ勉すよ(失礼)。いじっても埃すら出てこなさそうな無菌栽培されたようなガリを地でいく人っすよ。マヤは彼になにを見出したのでしょうか。。

にも関わらず2話目(1話目と3話目)ではイチャラブされておりまして(ダイジェストなので)、もー、あれから一体なにがどうなったんだ?と隙間を埋めるために読み漁ってどハマりしてしまった作品です。

 

もー何?あのマヤのデレ加減は!?ネムネムの可愛さは!!???

読むたびにズキズキ・キュンキュンしては愛溢れるエロシーンに身悶えて、体おかしくなるんじゃないかと思ってしまうぐらいハマってました。

この作品がBLの楽しさを教えてくれた漫画のうちの一つといっても過言ではありません。

 

最初に見た時の衝撃をも覆されましたよ。だめだこりゃ。読んでてにやけてくるなんて。あのちょっと面長なタッチでも萌えるてどーよ?おかしいじゃん?どうしたの?私??

いやそれほどネムネムの一途さ、純粋さにぐっときたんですが、ここ最近はそこにエロ要素もダダ漏れになってしまって向かうとこ敵なしですね。あんなに素直にエロくなられるとマヤじゃなくても射抜かれますよ。どこもかしこも。

やばいよ!マヤ!

 

でもネムネムはマヤ一筋だから大丈夫かなー?なんて思いつつも、二人の事件(喧嘩)って大体はマヤの行動にネムネムが気づかされたり嫉妬したりでボロボロになってるところをマヤが回収に行くのが定番ぽいので、そろそろマヤもネムの友人関係で焦ってほしいなぁ、なんて。十太でキー!ってなってたけど、そもそもネムが相手にしてなかったし、最近では沖野君がそのポジに一番近かったけど、どう見てもそうなりそうにならなさげな2人だったから安心して読めてた分、なんかこう、マヤにおけるルカみたいなね。フリーの縞川さん系みたいな人が出てきてもいいんじゃないかと。そうなるともうマヤ嫉妬でおかしくなっちゃいますかね。今まで以上にこじれちゃいますかね。ネムの回収編も見てみたいんだけどなー。

 

はわわわわ〜そういうのを見るのも至福。

 

5巻目もルカの存在でイチャラブバカップル最大の危機!と思ってたらアッサリ終わっちゃって、どうしたもんかと思ってたら、雑誌の方、出てきましたねー!真打(?)!

 

うわうわー!どうなんだろ?次!次!次!早く見てみたーい!!!!!

 

でもここら辺も実はネムの率直さであっさり乗り越えてきそうな予感。うーんどうなんだろう?

 

でもね、でもね、最近気づいたけどコトが終わった後の二人の体、マヤには指で引っ掻いた後や歯形、ネムには至る所にキスマーク、ついてんですねー。何この細かさ、もーラブラブバカップルめ!羨ましいぞちくしょー!

 

個人的には直前のマヤの凹みっぷりに乗じて初回のコトの真相を教えて欲しかったんですけどねー。この話は6巻に入ってるのかしら?それとも前のエピまで?

 

なぜマヤはネムに目をつけたか。いつから?一体どんな理由で??

 

現在知りたいコトNo.1です。No.2は雑誌の続き…

6巻も早く読みた〜い 。