読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーがリアルで言えないハマリ事を語るブログ

アラフォー主婦がリアルで語れない事を書くブログです。とっちらかってます。

BLのリアルかもしれない:ネオンサインアンバー

おげれつたなか先生の「ネオンサインアンバー」、綺麗な絵です。切ない話です。

透明感のあるカラーがたまりません。

しかし先生、お名前が…。正直、最初は名前で食わず嫌いしてました。ごめんなさい。フタをあけると全然おげれつ違うじゃないですか。見事にはまりました。

 

お話はクラブで働く無表情スタッフと毎晩のように女のコを漁りに来るガン黒チャラ男のお話。一見ノンケ同士ですが、チャラ男のサヤちゃんはえげつない過去を背負ってるゲイ。それもあって素性を隠して女のコ漁るけどやっぱり上手くいかない。というかゲイだから女の子といると安心なだけでその先望んでなくてその先希望の女の子に怒られてる毎日(モテるんだね)。そんなサヤちゃんが気になって仕方ない真性ノンケのゆーすけ。些細なことで絡み合っていくんですけど、ゆーすけがやっちゃうんですよねー。あーぁ、ってなことを!理想と現実は違うよねーってなことを。でもね、リアルできっとあると思うんです。いや、絶対ある!なのにこういうこと描く作家さん今までいなかったと思います、きっと。


この方の他の作品でも結構イタいとこついてる描写ありますが、この話も心理的にかなりイタかったです。ノンケ×ゲイのあるあるかもしれないけれどサヤちゃんの過去を知るともぅかわいそうで…。見てらんない。ゆーすけも自分ではイケると思ってたし、決してわざとじゃない。だから尚更自分がしでかしたことを猛省して最下層まで落ち込んで…あぁあ…。見てらんない。

 

でもね、最後は救われるからいいんです。ゆーすけの変わり身の早さも否めませんが(笑)、それはそれ、これはこれ、時間が経って気持ちが高まっていい具合に成熟(?)したのです。ここらはいつものBLの流れと変わらないので、あえて深入りしないと違和感ゼロです。

クラブの喧騒の中の2人と朝の定食屋(居酒屋?)の2人だけの静けさとのコントラストもいいし、2人以外の(まともな)登場人物がサヤちゃんのお母さんとバーカンの子だけ(と思ったらバーカンの子顔ないしw)、というのもスッキリしてて読みやすい作品でした。舞台が夜なのに読み終わったら何故だかほっこりしてしまうのはサヤちゃんの純粋で健気な可愛さがあるからかしら。


あと、この人の絵、素晴らしく綺麗です。しっかり骨・肉感あるし、デッサン狂ってないし、ほんと好き。エ口も表情がイイ。着衣よりも裸の方がイイ。なんてこった(笑)

私みたいに作家さんの名前で食わず嫌いの人ぉー、絶対読んで!イイから!ほんと!