読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーがリアルで言えないハマリ事を語るブログ

アラフォー主婦がリアルで語れない事を書くブログです。とっちらかってます。

えろえろしいわ!:Between the sheets + Blue moon blue

レビューという名の独り言

あ…もうなんでしょこの小悪魔め!

橋本あおい先生の「Between the sheets」と「Blue moon blue」の2巻セット、たまりませんね。

あんな少女漫画のような細い線なのに描くとこしっかり描いてるし(え、まずそこ?)、一瀬さんの超〜自信満々の金持ちドヤ顔もイイ!下手するとウザいのに帰国子女としてそこらへん突き抜けすぎた一瀬さんのキャラは読んでて楽しかったです。

 

あらすじはとあるバーの美人バーテンダーとそこに通うホテル経営者がバーテンダーをどう攻略するか、のお話。バーテンダーの高史さんが天然でどエロ。社長の一瀬さんは自信が足を生やして歩いてるような人。大人の香りプンプンです。2人してエロいです。

 

そして何と言っても高史さんのアノ恍惚の表情…!!!!!

何コレこのギャップ!普段の高史さんとのギャップもだし、下手すると少女漫画であははうふふな物語が描かれてもおかしくなさそうな絵面でこういうことする!??

最初っからとばしてた高史さんですが、以前は…?と気になってしまうのは穿った見方でしょうか。もう天性の魔性の人だったんでしょうか。高史ツンデレのデレを引き出した人は他にもいたのでしょうか?いや、いないでしょうね。あそこまでグイグイいかないとデレ出せないでしょうし、相手や自分の気持ちにも気づかないでしょうからね、高史さんは。

 

もーあの天然小悪魔を制御できるのは一瀬さんのドヤパワーしかありません。いや、制御ではないですね。逆ですね。がっつり煽ってますね。もうどんどん煽って引っ張り出して〜〜〜!もうドロッドロにエロい二人を見るのが楽しくて楽しくて…。この2冊で終わりって寂しいですー。

 

高校生の青い性春もよいですが、大人の酒の上での軽い駆け引きも良いものです。

あぁ、でもこの話は舞台は揃ってるけど駆け引きというよりも大人の甘やかしですね。