読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーがリアルで言えないハマリ事を語るブログ

アラフォー主婦がリアルで語れない事を書くブログです。とっちらかってます。

花にくちづけ・花といっくん:方言男子のバカップル☆

レビューという名の独り言

阿部あかね先生の2連作。

んもーめっちゃかわいいいやんけーーー!!!

です(笑)

 

高3卒業間近の冬に衝撃の大事変を起こした「花」は「いっくん」の目の前から消えました。そして三年後、いっくんは大学生、突然花から連絡が入り、大阪駅へ迎えに行くとそこで待ってたのは「男の娘」になってた花で…!!!

…と、「花にくちづけ」ではいっくんが覚醒する(笑)とこまで。

「花といっくん」ではその後の2人のバカップル生活に起こる事件を周りも(が)巻き込んでエロ可愛く描かれています。いっくん貞操の危機…!

 

なんだかもうかわいいです。お互いにメロメロ。変態だけど可愛い(笑)

二人揃って変態でヘタレ。ヘタレだからこそ再会できたんだけど、ここぞという時は強いです。そしてこの作品中の大阪弁がオモシロ怖優しい(謎)。方言だからこそ表現できる心の機微みたいなものが見え隠れします。ノリ突っ込みもサクサク普通に入ってテンポ良く面白い。いいなぁ、方言…(ふぅ)

 

いっくん、むっつりメガネ、芋メガネと散々な言われようだけど、押さえるべきところはキチッと押さえてきます。もっさい優柔不断ではありません。この辺り男前です。でもニブい。男のダメなところ全開だったりします。その後気づいて猛省してるのできっと少しずつ成長していくのでしょう。

花太郎、エロ美人です。そしてどんどんしっかりオカンに成長します(笑)最初から一途。ほんとーに一途。束縛系がちょっぴり入るけど可愛いです。怒らせると怖い系。
しかし芋メガネのどこをそんなに好きになったのやら…。

 

阿部先生、あとがきで楽しく描けたと書いてらっしゃいましたが、読み手も本当に大分楽しく読めました♪