アラフォーがリアルで言えないハマリ事を語るブログ

アラフォー主婦がリアルで語れない事を書くブログです。とっちらかってます。

ニューワールド・ラブトピア:モブ●も触手もどんとこいなニューラブ

三ツ矢凡人先生の新作です。

この方色々と人外ものを描いてらっしゃいますが、今回もそのクチです。

なので人外・触手などが苦手な人は触れない方が良いかもですねー。
あ、でもすごく良い作品なので見て欲しい、でも生理的にダメならいたしかたない。

 

人類と異世界から来た生物が共存する世界でハチはおじいさんが勤めていたニューワールドという異生生物を飼育・展示している動物園に就職します。ドジっ子ハチは初日から教育係の蓮見からしごかれます。
そこで飼育されている生物や飼育員さんとの交流(?)、さらには子育てまで多岐に渡ります。

 

もうのっけから「夢さん」と名付けた異世界の人と夢の中でやっちゃってます。これがハチの日常のようです(ちょっと緩い?)。そしてお仕事初日、蓮見にドヤされて意気消沈の中聞こえてきた歌声に誘われてやってきたのはアルラウネという植物のような人のような生物の飼育小屋。
ほら、ここで触手がでてきます(笑)これは枯れる寸前のアルラウネが苗床にしようと、慕っていたじいさんの孫のハチを(勘違いして?)呼んでたらしく、内情を知ってるらしい蓮見は寿命で枯れた触手の中で倒れているハチの中から種を取り出します。
オゥ、まさしく「種付け」ですね!

 

その後は旧知の(?)人魚シレーヌちゃん(オス)のお世話をやるんですが、シレーヌちゃん、ハチに度々ちょっかいを出してきます。その度に蓮見に怒られるんですが、彼には彼なりにハチを守ろうとしていたようです。アルラウネの件で体が敏感になってしまったハチを人魚の体液で治すんです。はい、体液で(笑)
行為はどうであれ、シレーヌちゃんはハチを通してじいちゃんに恩返ししたかったようです。

若かりしじいちゃんと一緒に遊んだ子供時代を回想するシレーヌちゃんの笑顔はなんだかじんときます。

 

そして次は空に天使(レア)が現れてニュースになったと思ったらハチがニューワールド前で天使の卵を拾います。まぁ色々とでてくるもんです(笑)
蓮見先輩はマスクをして体調が悪いようです。
そして卵から孵った天使はハチを「まま」、蓮見を「ぱぱ」と呼び、ママの身体、天使ちゃんが成長できるように作りかえられました(笑)

この天使ちゃん、めちゃくちゃ可愛いです。そりゃ絆されますよ(笑)
そして成長早いです。1ヶ月で大人になりました。

 

で、体調の悪くなってた蓮見先輩の理由と正体がわかり、じいちゃんと異生生物達との交流も少しずつ解明していきます。

 

このお話はハチとじいちゃん、そして周りをとりまく人(生物)との優しい愛のお話でした。みんなじいちゃんにお世話になったのでその生物なりの恩返しとしてハチに接しています(天使ちゃんは違うけどw)。そんな大きな愛を一身に受けてハチは自分の気持ちに気づいていきます。


ちょっと気になったのは人類と異生生物が共存してるにも関わらずどうして異生生物動物園なんてもんがあるのかな?てことです。まぁそこを疑問視しだしたらこのお話の根底からぐらついちゃいますし、見世物というよりも希少種の保護が目的だったのかな?とも思えますし。でも動物園で飼育って…。


さておき、番外編でさらに色々と種明かしがあるんですが、これ、本当に1冊だけに収めてしまっても良かったのでしょうか?他にも描きたい生物がいるみたいだし、生前のじいちゃんと生物たちとの交流もますます気になるし、他の作品を匂わせる同僚がいたりでこれは続編あってもいいんではないでしょうか?

でももう恩返しフィーバー(?)も終わっちゃったし、収まるところに収まったのでこれ以上かき回してもなんだかなぁ、とも思うので続編はじいちゃん回顧録とか!
「夢さん」のモデルになったあの方がどうしてそれを選択したかの経緯も知りたいです。

 

ほら、やっぱり「じいちゃん回顧録」を続編でおねがいします!

 

恋するインテリジェンス8:無自覚BCと激重TCの2カプ話

8巻まできましたねー。
今回は供威・黒瀬カプと聖前・桃月カプのお話でした!

 

まずは供威黒瀬組。黒瀬は自分がなぜBCなのか未だに理解できません。
「逆だろ?」とか言ってますが、いや、どー見ても逆はないだろw

で、いくら人事に掛け合っても変わらないので悔し紛れに仕事でデキる俺アピールしようとするんですが、まぁことごとく空回りでして。それに振り回されてる感じの供威くんはじっと待つ子のようです。
I倉前の実習でも他のカプに比べてやる気なし。そこら辺先森はお見通しのようで柳を監視に着けたりしてました。
しかしなんとかI倉実習も無事終了、その後は各バディで訓練を積むんですが、もちろんこの2人は積めてません。先森に供威の様子を伺うよう言われ、嫌々?ながら食事に呼んでみたものの、ちょっとラッキースケベ的なハプニングがあったものの、今までの態度が祟ってかすれ違いの2人…。おーおー黒瀬が無自覚に怒ってる〜www

 

なんかねー、今までの登場人物とは若干毛色が違うので黒瀬のツレなさ加減に戸惑うのはわかりますが、よーく考えてみてください、普通の男子でこんなとんでもミッションあてがわれたらそりゃそうなるよねーと、ごく普通の態度だと思います。
それでも男性同士のあれこれが前提のお仕事に就いてる時点でアレですがね。
自分の希望とは逆のお仕事なんですから。でも、不本意なポジなのでクサって態度が悪いですが根は真面目なので「仕事」と言われると逆らえないのがカワイイw

しかし、供威くんの付かず離れずのスパダリ精神で徐々に身体も気持ちも変化が訪れ…るのかなー?ってところで続くんでしょうか?一旦休止でしょうか。まぁ何かが起きないとこの2人の関係がガラリと変わることはなさそうです。供威がんばれー。

 

スキマ漫画を挟んで次のカプは聖前と桃月。正統派王子様系TCとあざとかわいい系BC。王子様、実は執着心の塊でして、幼少の頃からの自分の癖(執着心)を周りが気味悪がらないようその元凶を(わざと)海に落としてからは、それを気づかれないよう小出しにしていたところを桃月にあっさり気づかれ、さらにそれを普通のように受け止められたことで陥落。
桃月は聖前の執着を一身に受け止め、さらりとかわすことのできる稀有な存在。
この2人バディになって良かったよね。

しかしあまりにもあっさりしてる上に仕事への情熱は人一倍な桃月が喜んでBC仕事に向かうのを見送る聖前はかなりブラックw

お仕事後は嫉妬でドロドロの聖前をがっつり受け止める桃月。この2人もデキてるようですが、今回のお話だけじゃ桃月の態度があっさりしすぎて受け止めてるだけのように思えてしまいます。桃月サイドのお話も読みたいなぁ〜。

 

時系列がしっかりしてるので、もう前巻までで出来上がってるカプ達の話にあったエピソードなどもこの巻でしっかり回収してたり、作り込まれてます。

さらにスキマ漫画では室長の無茶振り炸裂だし、やっぱり同級生カプの話はkwsk読みたいし(I倉でも失敗してるみたいだしw)、他のバディたちの話も気になる気になる…!!!

 

やっぱり続きが楽しみであります。

フェロモホリック:獣人たちの本能の宴

那木渡先生の新刊です。2巻完結になります。
タイトルの通りフェロモンムンムンでエロエロです。むせ返りそうw

 

人と動物を掛け合わせた獣人が共存する世の中で、ウサギとクマノミの遺伝子を持った獣人(海兎族)の兎和は草食系ばかりのモデル事務所でモデルとして働いています。
ある日そこへテコ入れとして肉食系モデルが4人移籍してきます。
そこには兎和が10年前にドイツで出会った獅子族の一世がいました。一世はあの時の兎の子が忘れられず追ってきたそうです。

海兎と獅子は付き合ってはいけないタブーがあるにも関わらず二人は惹かれていきます。で、そこに兎和の許嫁の馬族の冬馬光も交え、2巻でもまた一悶着あります。

 

と、まぁ獣人系のお話ですが、兎和が繁殖力のウサギとオスばかり産まれてくるけど妊娠出産のできるクマノミの2つの遺伝子が入った海兎族という、なんというか、おあつらえ向きといいますか、の男の子なんです。

この種族は「女王フェロモン」という、それを発情期に撒き散らし、周囲の男子共を引っ掛け、特定の一人を見つけたらその人とエチ三昧で匂いをつけてもらい、ようやくその人だけに効くようになる(妊娠もその人と可能になる)、というお騒がせフェロモンの持ち主なんです。
なので兎和はそれを薬で抑え込んでるんですが、BLあるあるで、薬はじわりと効かなくなるんですね。で、そこに10年前に初めての発情を誘発したと思われる一世がやってきて大変なことに。

海兎の許嫁の馬族の兄弟もでてきます。もし海兎の兄弟(兎和は弟)が相手を見つけられなかった場合の受け皿としての許嫁なので、絆の強制力はありません。単純に兄同士、弟同士で許嫁にされています。馬族だけに当て馬…とか考えちゃいましたw

 

で、肝心の兎和が恋愛に疎い(避けてた)ので、とんちんかんなことをしでかします。

てかこの方のお話って自己完結型の人物(流れ)が多く見受けられ、そんな人が一人で右往左往してるのを遠目から見る気分になることが多く、このお話も例外ではありませんでした。兎和わちゃわちゃしすぎw


獣人だけにケモミミ出てきたりするんですが、それは本当に出てるのかただの表現としてなのかの境界線がわかりにくい。
兎和は興奮すると尻尾は出るようなんですが、耳は…??のまま(一族郎党耳出まくってるしw)。一世も牙が出るのは確定ですが、耳や尻尾は…??のまま。

そんな細かい事を追求せず楽しめる人はこのお話楽しいと思います。や、この方の今までのお話が好きな人は楽しめます。あのくちゃくちゃしたの苦手ーという方は回れ右、です。私は好きなので楽しめました。

 

で、エロはエロいです。フェロモン出まくってます。もう攻めも受けもフェロモンにやられて涙でぐちゃぐちゃです。飛んじゃってますw

 

2巻では海兎と馬の一族登場、そして獅子と兎のタブーの実態が明らかになります。
そして別カプも…?こちらは1巻でほのめかす程度でしたが、2巻で確定ですね。


次はこの2人のお話なのでしょうか?一世x兎和とは全く違うお話になりそうです。
こちらも楽しみです。

セラピーゲーム・リスタート1:人誑しとツンデレ美人が帰ってきた!

そうなんです、日ノ原巡先生の「セラピーゲーム」のあの二人が帰ってきたんです!
あの絆され天然人誑しの静真くんと大型ニャンコの湊カプですよー!
大好きぃ!

しかも(1)って番号ふってますよ。今回は上下巻じゃないですよ!もちょっと続きそうですよ!

嬉しいぃぃ〜〜〜〜!!!!

 

お話は静真くんがあの湊の特別スパルタシゴキ(笑)の後、無事獣医師免許合格して大学卒業、さらには就職も決まった、というところから始まります。

今までも試験勉強などですれ違いが多かった二人、仕事始めまでの一時の春を楽しみます。が、働き始めたら静真くん忙し過ぎて全然会えないのです。元ノンケの静真くんの職場は女性ばかり。湊はわかってはいるけど寂しさと心配を抑えきれません。

 

大学の仲良しグループと湊の五人での飲み会シーン、いいわぁ〜。この学生のノリよ。
元カノちゃんも良い感じにお友達だし、元カノちゃんの絡みに静真くんさらりと面白いこと言うし、湊も素直で可愛いし。そうなのよ、この子素直に悪びれない意地悪なのよね。そこがまた可愛いというか、憎めないというか。
そして巽がなぜかロックオンされ(たように見え)た時の静真くんの静かな嫉妬たるや…www

もうね、随所で湊節炸裂なんですよ。「僕の彼氏なんだからがっかりさせないで」とか、もうこの子にしか言えないでしょってセリフ満載。静真くんは天然スパダリの誑し術で湊を掌握してるし(これが計算じゃないとこがまた…ぐふふ)。

そしてお互い大好きなもんだから久々のエチシーンなんてもう素晴らしいの一言!
寂しい一人の夜の後は二人の極甘エチ。そうそう、塩っけには甘さが必要です。二つの感情の間を行ったり来たり…転がされますwww 
しっかしまぁ、もぅいやらしいのなんのって…色気たっぷり艶やかな湊にがっつり食らいつくこちらもお色気ムンムン静真くん。ぎゃーもっとやれっ(嬉)

でも要所要所で湊もしっかり男なんですよね。あんなナリなのに。そこが良いんです。ちゃんと男の子同士で恋愛してるな、という感じ。

 

職場でくすねてきたつぼみ桜の枝も良い仕事してます。話しかける湊…カワ…。
そうそう、湊の兄さんと静真の弟カプもしっかり登場します。この一見ユルフワな二人も大好きです。兄さんの黒い部分が垣間見られるのが大好きですwww
弟同士も喧嘩するほど仲が良いですね。それから行きつけのミックスバーのメンツも相変わらず骨太で楽しいです。良いなぁ湊の交友関係。

 

そして静真くんの職場は女性だらけとはいえ、様子が変です。湊が心配するようなことは起きなさそう?しかし後半にラスボスが登場します。そう、ラスボスは遅れて登場するのが常ですよね。こちらは2巻からグイッと入ってきそうです。ワクテカw


さてさて、ラブラブのクセにお互い相手に追いつけてないぞと自己評価低めくん達ですが、これからどんな試練が待ち構えてるのでしょうか。1巻目ということで、新生活への導入で終わりましたが、これから話はどんどん展開していくことになりそうです。

職場のラスボスがどのように二人に影響を与えるか、どう乗り越えるのか、それとも別の何かが発生するのか、巽のメガネの下はどうなのか(笑)、続きが楽しみで仕方ありません。

 

しかし、この巻末でようやく湊の兄カプが同棲を始めるんですって。このお話は兄カプの話と同時進行なのは重々承知なんですけど、始まったのが後だし、こちらの方が巻数多いから兄カプ達はもうすでに同棲してるもんだと思っていました。あの二人がもふもふしてる間にこっちの二人はとっってもアダルトで濃厚な時間を過ごしてたんですねぇ…。

ナカまであいして:ツンデレ美人受け君にメロメロ

百瀬あん先生の作品です。この方最近沢山出してるのでどれにしようか迷ったんですが、こちらにしてみました。

 

もうね、この表紙の表情にやられてしまいました。なにこの涙目美人!
サイコーすぎるじゃないですか。
しかもこのアングル、MY3(マジでヤられる3秒前)っきゃー!
さらに裏表紙も良きです。

これは読むしかないと思いましたね(鼻息)

 

お話はクラスで隣の席同士の美人君とヤンキー(?)君、ヤンキー君、自分の彼女よりも隣の美人君の方が顔がいいと彼女に言って見事フラれます。その後ヤンキー君が美人君に話しかけても全く意に介しません。ところがある日のバイト帰り、中年男性と未成年がラブホに入ろうとした現場を抑えたヤンキー君、実はその未成年が美人君だと気づいていて…!?

という感じです。

 

美人君、さすがトゲトゲしいです。美しいバラには棘があるを地でいってます。
その分グズグズになった時のギャップ映え。たまりませんです。

あのね、ぶっちゃけ全編DKモノあるあるな話なんです。
でもね、この方の手にかかれば、あるあるなシチュエーションでもエロエロに早変わりなんです。もうね、ギリギリ、いやかなりやばいよーな、もうやめたげてーな場面が何度もあります。その背徳感がエロさを更に爆上げ!そしてあの美人君の表情がいちいちエロい!

 

美人君と仲が良いハイスペなお友達もでてきますが、当て馬というより二人の仲を燃やすフイゴ的存在(フイゴって知ってる?・苦笑)
もうヤンキーと美人君だけで話が進んでいきます。ヤンキー君にも友達がいますが、彼の方が助言(?)的な意味で話に絡んでくるかな?

 

とにかくツンデレ美人受け+ケンカップル好きな人は抑えておいても損はありませんよ。

でももう少しケンカップルの行く末&ラブラブHも見たいです〜。

 

十二支色恋草子・蜜月4:爬虫類巻は波乱とデロ甘w

新巻出ましたねー!待ってました!待緒イサミ先生の十二支わちゃわちゃ物語!

今回は爬虫類メインでした。
辰の虹悦と巳の篝。2匹(人?)にふさわしいエピソードでしたね!

 

この月の十二支の虹悦はコタが過去に使って小さくしてしまった自分の鱗の時間を戻そうとしていました。そしてある夜その力が暴発、必要以上に時間が戻ってしまい鱗が小さくなりました。しかもその余波で依り代の正隆まで若返って…!?

なんとか戻って大円団、篝と交代の夜に前宮司の番という鳩の八尋が禁を犯してやってきて、虹悦のトラブルを餌に前宮司が正隆とコタを家に呼びたいとの伝言を伝え、二人+コマと戌亥の四人で前宮司のお家へ行って一波乱、という巻でした。

 

今まで気にしてなかった隠れ設定がどんどん出てきてましたー。確かに気付いてはいたけどま、いっか、で済ませてた辺りをほじくってきましたー。や、面白いです。ラブいのは大大前提ですが、そこを置いてお話がどんどん膨らんでいくの大好きです。

まぁ神様の話なので、なんでもこいな訳ですが、チート中のチート、虹悦の能力暴走で正隆が若返った時はびっくりした。18歳で止まってよかった(笑)
外見あまり変わらないけど一回り小さくなってたのかな。でもコタより大きいし、いや、いたいけな若者て感じで良かったですよ。しかもコタが戸惑う正隆をリードするという極レアシーンいただきました!フゥー!

しかもですよ、蜜月編から正隆とコタ以外にも颯介とコマ、楠と清忠のカプ(この二人はその前からですが、前巻でようやく両想いと判明w)が登場して、さらに今回は前宮司と鳩が番ってたことで宮司職を辞したということが判明、おまけに宮司として迎えられた者が依り代になれなかった時(そんなことってあるんだ)の行く末まで判明…!!ぎゃーなのです。
確かに酷い策とは思うけれど、神使や依り代が男しかいない男子校状態なのでその辺りいまいちピンとこないというのも本音でして…。

 

さておき、もうね、楽しい。ほんと楽しい。最年長虹悦がおだてに弱くて調子乗りなの可愛い。正隆には「虹悦の月はトラブるのがデフォ」みたいなこと言われてるしwww

颯介とコマは気持ちが少し前進しましたね。いつかは見れるんでしょうか〜?うふふ。
コマはコタ以上にツンデレだからワンコ颯介とはいいカップルですねー。

そしてお休み処のウリ達の立ち位置も判明しましたね。てかこの子達可愛い。癒し。モフモフだらけの素敵なお話にさらに輪をかけて純粋無垢な4匹が癒し…いやもう周りの大人(神使)達がね、あぁですし(笑)

 

や、もちろんあの人達の臆面もない斜め上のワイ談大暴走も大好きですよ。

ポッポーも気の毒だけど、清忠の運命やいかに…!?で次巻へつづくのね(爆笑)

TLって何?と思って…(毒)

もうティーンというカテゴリをとっくの昔に卒業したアラフォーの独り毒づきなので、ここに迷い込んだTL好きさんは回れ右するか「BBAが何言ってんだかwww」程度でね。
放っといてください。

 

さて、
TL(ティーンズラブ)っていうんですね。
表紙や中身を見てみると、どこがティーンなんだ、と思ってしまいますが。
ティーンて10代って意味だったよね?とググりそうになりましたわ。

いわゆるレディコミ(絶滅危惧種)の若者向けというカテゴライズでしょうか。

それにしてもティーンは言い過ぎでしょ。アラフォー女しかいない『女子会』のような違和感がございます。

 

それでですね、食わず嫌いはどうかな、と思って少し読んでみたんです。

・・・うーん、これ描いてる人、本当に女性、なのかな?

 

あのね、おっぱいムッチ〜ン・おケツぷりぷり〜んな女の子であーんなことやこーんなことやらかしちゃう男性向けマンガはきっと男性の願望を描いてるのでしょう。
なので女性を貶めるような話もあります。そんなのを読んでしまった時は「かわいそうに…」とDTリビドーの成仏を祈るのみですが、ティーンズラブって女性作家さんが女性向けに描いてますよね?

絵が華奢いし男性がイケメンなのできっと大方女性かと思ってるんですが(男性もいるでしょうけど)、だったらこの展開、これでいいの?って思う場面が多々ございます。

 

あまりにも女性が軽い。軽く扱われすぎてる。無理やりヤラれて?なのに絆されてる?こんなに従順でいいの?え、バカなの?女性を我が物顔で弄ぶ男もバカでクズすぎる。
で、これで愛が生まれるって?嘘でしょ?女、チョロすぎる。
可愛い絵柄であはんうふん描いてたらいいってもんじゃないでしょ。

こんな話、面白い?これ男性用?女子のひとり遊び用?それにしては女の扱い酷いんですが。全然盛り上がるどころか久々のドン引き案件ですよ。

 

もしかしたら私のチョイスの問題だったのかもしれませんが、それでもいくつかチラ読みしてみたんですけどね。
ここに描かれてるのは作家さんの願望?それとも同族嫌悪?色々考えてしまいます。
個人的にはもう少し愛し愛されてHなお話の方が好きだなぁ。あるのかしら?
そういうのは普通の少女漫画でも読みなさいよって事なんでしょうか。

 

あとこれなら百合マンガの方がまだ女性がしっかり描かれてると思います。あれはまぁ、百合じゃなくてもいいんじゃね?と感じる以外はお話もキュートでしたので。

 

BLでもチョロい受けは掃いて捨てるほどいますが、それだけじゃないですしね。
あ!いわゆる801系の異性愛版て事でしょうか。
801ヤルだけ系はドン引き案件ありますしね。なるほど、そういうこと…なのか?