アラフォーがリアルで言えないハマリ事を語るブログ

アラフォー主婦がリアルで語れない事を書くブログです。とっちらかってます。

神様のウロコ:あららいつの間に!?な神様の超押し愛

2巻出ましたねー。日ノ原巡先生の新刊です。
1巻は去年のうちに出てたんですが、きっと2巻発売記念で安くなるかなー?と待ってました。

目論見どおり、キャンペーン価格で購入させていただきました!
我慢できたのもレビューにあった「エチなし」の文字のおかげ…(笑)
いや、別にエチが目的で買ってるわけじゃないですけどねー?でもねーあったらあった方がイイじゃないですか。なくても買いますけどね。あったら待てずに即買、ぐらいのスタンスで。色々と自分には忠実なもので。

 

さて、お話は都会で小説家をしていた若者が、昔おばあちゃんと住んでいた町(家)に戻ってくるところから始まります。鄙びた駅で幼馴染の出迎えを待ってると、そこに倒れてる白髪の人が…!それが「嫁」を迎えに来た水神様の燐。実はその待ってる「嫁」がこの若者、智治だったのです。という出会いから始まります。

その後押しかけ女房もとい押しかけ旦那な燐と嫌嫌ながらも一緒に住むことになり(燐が話を聞かないw)、お隣さんの家族や狐達も巻き込んで色々あります。

あんなに燐に対して超塩対応だった智治なのに(普通の反応だわ)、励まされたり助けられたりでいつの間にか絆されてしまいました!(うをーBL展開!!・笑)
押して押して押し通して想いが通じたのね。よかったね燐。

 

この辺りまでは神様×人様のあるあるですよねー。ここから属性・住む場所・全てが違うこの二人がどんな道をたどっていくかが楽しみであります。

まだまだ智治の(おばあちゃんと何かあったらしい)過去が明かされてないし、狐達もガンガン絡んでくるだろうし、燐に上司がいるらしいし(絡んできますね、絶対)、ということは他の神様達も出てきそうな気配だし、天狐とお隣さんの息子くんにも何かありそうだし(あってほしいw)、智治の幼馴染の司も何か思うところがありそうだし、最終的に燐と智治はどう収まるのか、そして次のエチはいつになるのか等々、気になるところがいっぱいです!
3巻では終わらなさそう。いやそんなに早くに終わってほしくない。

日ノ原先生もここからの展開を描くのが楽しみって仰ってますので期待大です。

お隣の息子くんのお話は是非スピンオフで。個人的には現在のショタ展開よりも数年後から始まってほしい。で、その時はこのお話が終わってラブラブな燐と智治も出してほしい(願望)。


しかし前回の作品は都会が舞台だし、スタイリッシュな絵とお話でしたが、今回は打って変わって田舎に人外ファンタジー。
その分前回見れなかった絵のタッチが見れて嬉しいです。やっぱり綺麗ですねぇ〜。

そして両方に共通するのがもふもふ♪
うさぎちゃんやファーのもふもふが気持ち良さそうな前回に引き続き、今回は狐ちゃんの尻尾や黒柴のうらら、そして龍の姿の燐のひげなどもふもふ要素が沢山散りばめられています。癒しですね。

あー、これから3巻出るのが待ち遠しいです。早く続きが読みた〜い!!!

ミッドナイトショップチャンネル:おばかなオモチャと男子ィズw

黒木えぬこ先生の新作です。今までコミックで登場したカプ達が深夜の怪しいショッピングに勤しむ(?)話。ついでに彼らのその後も読めてしまうというオムニバス形式で一冊になっています。もちろん前作を読まなくてもわかる内容になってますが、読むと前作が読み(返し)たくなります。ナイスアイデアです先生!

 

まずは新カプ。大人なバーテンさんと付き合って3ヶ月になる奥手な受け君のお話。
歴代彼氏のがっつきに懲りて大人な対応のバーテンさんと付き合い始めたけれど、3ヶ月も手を出されない受け君。今度は逆に不安になってきた…ところに深夜のショッピング〜。という流れ。
このカプも実はバーテンさんが次のお話でトップモデル御用達(?)のバーのマスターさんだった、というつながりができるわけです。

 

このトップモデル君は一目惚れした読モあがりのモデルくんと同棲してるけど、三年目。三年目って厄年ですよね。お互いの仕事も波に乗ってるが故にすれ違いも頻繁で、さらに夜も目が合わないとかでやっぱり寂しくなっちゃうんです。いきつけのバーで面白そうなオモチャの噂を聞き、探してみるけど見つからない。うたた寝から覚めたところに深夜のショッピング〜。

 

次のお話は究極の勘違い&すれ違いカプ森永と桐谷のお友達、3バカのうちの2バカのお話。
合コンでも女子が釣れない。しかし相方(?)は無口のくせに何故かモテる。その秘訣を探ってやる!と深夜ショッピングで自称擬態してみた結果…!?
やっぱり真性のバカでしたって話。相方はやっぱり男前。そういうとこだぞ!(笑)

 

そしてその森永と桐谷も次のお話ででてきます。ラブラブだけど始まりが始まりだけに、そして桐谷がやっぱり何も言わないので森永、桐谷の本心を確かめたくなっちゃいます。そんな時に深夜のショッピング〜。

 

最後のカプはこの深夜ショッピングの商品を開発してる大元です。
やっぱり彼だったのねー♪
相方も相変わらずアホアホだし、彼自体も結局頭悪いし(褒め言葉)、いいカプだw

この相方君が桐谷君とバイトが同じなんだけど、アホすぎて本当のこと言っても桐谷君に相手にされてない。それでも気に留めない天然さが好きよ。

 

ということは最初の2つと後の3つとに分かれて登場人物が繋がってるのかと思いきや、3話目の真性バカ君が出版社に勤めてて2話目のトップモデル君と面識あるみたい!
おぉ〜ゲイのネットワーク完成!素晴らしい!

ここまでくると下手したら誰か例の寮住まい高校生達と絡んでるんじゃないかしら?って思ってしまいます。世間は狭いからね〜。

 

もう全カプともラブラブで面白いのです。お話もそれぞれもだもだしてるけど、根底が明るいからか、読んでると楽しくなります。こんなBL大好き。

はだける怪物(下):かんちゃん救済物語完結!

はー、ようやく出ましたね、おげれつたなか先生の怪作「はだける怪物(下)」!

ほんっっとに待ちました。雑誌の方で終わったのって1年ほど前じゃないですか?

かなり人気だったのですぐに出るかと思ったのに待てど暮らせど音沙汰なし。
で、ようやくこの年末にリリースされました!
そしてようやく話が繋がった、というか理解できました!やっぱりコミックはいい。

 

お話は「錆びた夜〜」のDV男、かんちゃんの現在のお話。弓と別れたかんちゃんは転職した先の部下・秀那とセフレからの恋人同士になります。が、秀那は大阪に2年の転勤辞令。遠距離になります。そして転勤先の先輩が好きなバーの店長が東京出身でかんちゃんの部屋に貼ってある写真とそっくりの笑い方をしていて…までが上のお話。

下はその後、店長はやっぱりかんちゃんと付き合ってDV被害にあってた弓。秀那はかんちゃんと弓の関係の修復をできないかと思いますが、弓の背中を見て事の重大さに気づいてしまいます。弓も秀那からかんちゃんの近況を聞いて行動を起こします…。

 

あぁ、元カレと今カレが出てくるような話ってあまり読んだ事ないんですが、こんな両方からの救済話はまずないですよ。かんちゃん愛されてるなぁ、と思いました。

弓は弓で今は真山と幸せな生活を送ってるけどかんちゃんの事は忘れることはないし、付き合いが長いのは弓も同じなので、かんちゃんの事をよくわかってる。背中を見られた時につぶやいた一言はずしりと来たなぁ…。
そして素晴らしいアシストを秀那に託してかんちゃんを救いました。
かんちゃんとの楽しい思い出が強く残るといいな。

 

秀那は過去のかんちゃんを知りえないし、全部を知る事はできないけれど、支えるという今カレの包容力でかんちゃんを包んでます。

もう、この二人とかんちゃんはこうなるべくしてなったんでしょうね。

 

雑誌に掲載されていた終わり方とは随分変わりました。雑誌の終わり方はこれからも日常が続いていく感じで、これはこれでよかったんですが、コミックの終わり方はもっとシンプルに一区切りついた感がありましたね。
同じシーンは雑誌の方にもありましたが、コミックの方、置いた手が逆になっており、そこに光るものが…!!
んもー!素敵すぎる。うん、このタイミングでも良い!むしろわかりやすい。

エッチシーンはさすがの林田さん(笑)
初ド○イが描き下ろしで、だなんて驚きです。もうガンガンやっちゃってんだと思ってました。あんなにエロいのに。そしておっさんの似合わないエロ下着姿www

あんなにエロい林田さんなのにもう全然似合ってないとこがまたwww

 

上巻はずっしりと重く、特典の「薊」なんて読んだ日にゃぁもう一日中暗い部屋でベッドに丸まってしまいたい感満載でしたが(コレもかんちゃんの背景を知るには必要不可欠なんです。ただ、内容が内容だけに居た堪れない…)、下巻は読了感ほんっとよかったです。かんちゃん良かった。買って良かった。

 

そして今度は弓と真山のその後が読んでみたくなりました。
「はだける〜」の数々のシーンとリンクしてほしい。

キューピッドに落雷・追撃:安定のほっこりDK祭り

鈴丸みんた先生の新作ぅ〜〜〜!!!!

キューピッドに落雷の続編です。この方の描く高校生ってカッコイイし可愛いしイイ子だしで読んでる時もうギュンギュンしちゃうんですが、今回も揃いも揃ってカッコ可愛いイイ子達ばかりでした!

 

前回で晴れて結ばれた慎吾と蒼生先輩、ラブラブな毎日ですが、ある日蒼生先輩の秘密を勝手にライバル視してる猛生先輩に知られちゃいます。

で、それに気づいた慎吾がちょっと迷走しちゃう上に猛生先輩の新たな扉がひらきかけますw

 

この当て馬的な猛生先輩がこれまた良いんですよ。最初険悪だった蒼生先輩ともケンカップルかってくらい仲良く(?)なります。あんなに親密にされたら恋愛脳慎吾は誤解しちゃいますよね〜。でもただの当て馬にするにはもったいないくらいイイ人なんだ、猛生先輩って。その取り巻きの子達もなんだかカッコイイ。

メイン三人についてる友人もイイんですよね。とにかくこの方のお話に出てくる人って悪い人がいない。悪そうでも実は悪くない。ほんと安心して読めちゃいます。
女の子も可愛いし。顔や雰囲気とかもうホント可愛い。

 

エロがなくてもイイぐらいほんわかほこほこして満足なお話ですが、ちゃんとエロいのがまたイイんですよ〜。蒼生先輩セクシーっす!無意識に発する言葉がまたワンコな慎吾を昂らせて…っあぁ〜〜〜!素敵!

 

またイイものを買ってしまった…。これでしばらくはホコホコできる。くふふっ

ブルースカイコンプレックス5巻:スパダリ爆誕

市川けい先生の5巻です。実は番外編買ってから即買いしたんです。

が、気がついたら1巻からのループループループ…で、レビューに全く手がつけられませんでした。

だって1巻読んだら2巻読みたくなるし、そうなると3・4・5…と読み切って、あ、そうそう、夏生ってそんなこと言ってたよねーってなって、じゃぁそのシーンを読もうか、となって1巻を手にとって、初々しい二人を見るとまたその恋心の芽生えをじっと見据えていくと…でもこのお話の合間にあの番外編のシーンがいくつかあるからまた番外編も読み直して…ぎゃー!たまらん!そしてまた1巻から読み直していくと…ね?という具合に無限ループ致していました。危なかった…。

 

5巻はチカのバイト先のJKががっつり2人に絡んでくるお話です。
と見せかけてゲイ(カップル)への世間の眼というものを意識させる巻だったと思います。

 

最初はJKの横恋慕?チカは最強レベルの鈍感なのか?なんて思いましたが、いえいえ、この子はチカのファンなだけでしたね。恋の好きじゃないけど近しい自分より大人の異性なので私生活が気になる。とことん知りたくなる。自分の境遇に当てはめてしまう。まるっきりファン心理。こんな子いるいる。JKなんて特に夢見るお年頃だもの。
でもこの子のはっきりした物言い、好きです。どこかで幸せになってる描写があればいいな。

 

そして春ちゃんの過去…こういう状況いたたまれないよね。。こうやってみるとみんな大学で出会うべくして出会った感じではあります。春ちゃんの恋心、私はどうもほにゃららではないのかなー?なんて思ったり思わなかったり。続刊が気になるところです。

 

そして、タイトルの「スパダリ爆誕」、

チ〜カ〜、貴方のことですよ!あんなにローな高校生だったのに、あんなに生活に波風立たせたくない主義の子だったのに、夏生と出会ってからほんといろんな扉こじ開けられてますね。いいぞ、夏生!もっとやれ!

もうね、緊張しながら夏生におかゆを作るとか!酔っ払った夏生を膝枕して愛おしそうに見る顔とか!その後の警戒心むき出しの顔!一転心配そうな顔とかとかとか!!!

なんですか、チカ!尊い!

 

そしてそして、一番の見せ場はやっぱりここですよね!

一連の流れで夏生に色々言わせて、わざとえぐらせてからの

 

「いいな、それ」

 

いいな、それぇ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!

んもーーーー!チカのくせにぃーーーーー!!!あの顔たまらん!

もうね、スパダリ爆誕の瞬間を目の当たりにしましたよ。歴史的瞬間ですよ。
こんなの夏生じゃなくてもギュンときちゃいますよ。

いいな、それって、いいなそれって…ブツブツ

 

夏生は夏生でキュルンとなって可愛くなった。愛されてるねぇ〜。
画風が1巻からずいぶんと変わりましたが、これはこれで二人と一緒に成長してる感じで良いです。今の絵じゃないときっとチカのスパダリ感も夏生のエロカッコよさもだせなかったかと。

エロカッコいいといえば上のシーンからのエッチ、よかったですね。さすがチカのスパダリ扉をこじあけた男、夏生もベストオブ受けですね。こんなセリフ、どうやって出てくるんだろう。ただただ感心するばかりです。

 

あぁぁもうこの二人のお互いを想い合う気持ち!ほんと素敵。この二人のお話ってものすごく成長していくのが見れるのが嬉しいのです。親戚のおばちゃんみたいだな。

もうお土産(笑)がアンクレットてとこもエロい!チカってすごいな。

ふきげんなディア〜桜庭先生の稀有な悩み〜:甘いスイカに塩ひとつまみでもっと甘くなりました。

出ましたね〜!ふきげんなディア続巻!続いてたんだ!と嬉しい驚き。

ちょっとアニメっぽい表紙に「あれ!?」と驚きましたが、スーツ姿の桜庭先生ですね。
読んでから見直すとなるほど、と思います。
いやはや、このお二人、やっぱり良いですね。甘々っぷりがレベルアップです。

 

お話の展開は奏汰が担当することになった若手イラストレーターがちょっかいを出して、それが気に入らない桜庭センセ&奏汰の大ボケw、という具合です。

そこに桜庭先生が前巻最後に奏汰と二人三脚で作りあげた新作絵本が絡んできます。で、桜庭センセの口数が足りず一悶着もあります。よくある話の展開ではあるんですが、この2人がいちいち可愛すぎてその辺りはどーでもよくなっちゃいます。

私が見たいのはこの二人のイチャラブなのよ!とw

 

過去のトラウマで可愛いと言いにくいとかなんとか言ってますが、前巻で言ってますよねぇ〜。まぁ付き合い始めて可愛いと言いたい時が増えてそれで自制してたのかもしれませんが、そんな可愛い奏汰に振り回されてる桜庭先生も可愛いすぎます。

 

絵がね、さらさらタッチからちょっと線太になってますね。1巻の1話と2話の中間ぐらいな感じでしょうか。あとトーンも多用されて全体的に濃くなった気がします。
もしかしたら元々このタッチが好きな方なのかもしれません。でも線がさらさら期にとても洗練されたので、線太になっても読みやすいです。

 

さらに、新婚さん達の番外編も!
忍さん、手綱捌きが素晴らしい(爆笑)そして百武先生の傍若無人っぷり!
てれてれ忍さんカワイイ!!!!!読む暇ないよね、うんうん、ないよね〜〜〜〜〜www
この安定感、さすが新婚さん。

この2人もエロカワで素敵です〜。

 

いつものおまけの展開も大好きです。この甘々シリーズ続いて欲しいな。

 

ハッピークソライフ:はらだ大先生の真骨頂!カスでクズぅ〜な二人w

ほんとはね、ワタクシ、クズとかカスとか出てくるゲスい作品てあまり好きじゃないのですよ。

基本雑食だし、リバカプ大好きだし、ガチムチもそれなりに嗜むし、ツンデレ受け&攻め大好物だし、SMもまぁ…スカ○ロまでいかない愛あるSMならそれなりに?ショタはちょっと勘弁だけど、成長後のショタは好き(既にショタではない)。

とまぁ自称ですが間口は広い方ですよ。でもなぁ、ゲスいのはちょっとなぁ〜なんて思ってたんです。

ゲスい作品て甘々になりにくいからかしら?

 

なのでこのお話も、クズを描かせたら右に出る者がいないはらだ先生の作品、しかもタイトルに「クソ」なんてついてますしね、なので躊躇してました(にしては購入早いw)。でもレビュー見る限りではあのダークな痛い面がなさそうなのでポチってみたわけです。

 

するとどーでしょう、アータ!!これ、イイ!(爆笑)

 

もう名前から粕谷と葛谷てもー!!名は体を表します。二人ともカスでクズ!
ストーリーは社長令嬢相手にオフィスでゲスプレイをして密告されてど田舎に左遷されたリーマン(粕谷)とその隣に住む遺産食いつぶし系ニート(葛谷)とその周りのお話なんですが、もうゲスいクズいこの二人、お互い自称ノンケのAF大好きネコ。
目の前にホンモノがあるからとかいうクズい理由でリバっちゃってます。

 

もうね、何が良いってはらだ先生のコマ割り、いちいち的確な表情、さりげなくおかしいセリフ、コマ中の動き、アングル等々、ほんっと何をとっても素敵です。
楽しすぎる。
こんなシーンで笑いをぶっこめるのはこの方ぐらいしかないって場面が多すぎるw
てか簀巻き…!!!

頭空っぽにして楽しめます。もうアホすぎて爆笑します。こんな場面で吹くなんて我ながらひどすぎる…と我に返ると自分自身に若干引き気味になりますが、それでも面白いものは面白いんだから仕方ない。やっぱり面白いんですよ。えぇ。

しかもこれ、続き物だしね。え?続くの?って思っちゃいました。
そういえばレオとの決着もついてないですしね。あぁこの人も不憫なおバカですね。。
そして話には関係ないけどもしかしてあの人って…と正体に懐疑的になってる人もいるんです。そうであれば面白いけどそうでなくても良いので、その辺りもハッキリしてほしいなぁという希望もありますが、とりあえずこのおバカ路線で突っ走っていって欲しいです。

神様コワかわです。今後も少しでいいので喋って欲しい。

 

2巻も買うよ!